自家製粉の全粒粉100%のパン

赤いテントが目印

赤いテントが目印

2012年3月1日で7周年を迎えた芦屋のベッカライ ビオブロート。ドイツのマイスターの資格を持つ松崎太さんがパンを焼いています。

人気のあるパン屋さんは、他のどこにもないパンを売っているものですが、ベッカライビオブロートも然り。特長はトーストブロートとラントブロート(田舎パン)を除く、ほとんどすべてのパンが全粒粉100%で作られているということです。

全粒粉というのは玄麦を丸ごと挽いたもの。外皮も入るので、安全を考えれば、無農薬の有機の玄麦を使うことになります。この店ではそれを石臼で自家製粉しています。
外国のパン屋さんのようなセンスのある棚

外国のパン屋さんのようなセンスのある棚

パンはサイズの大小を勘定に入れても17種類。一般的なパン屋さんに比べたらかなり少なく、茶色のシンプルなドイツパンだけが並ぶ様子はとても美しいのです。意外にもライ麦パンがないのですが、これは単に、松崎さんが小麦全粒粉のパンが好きだからということのようです。
ショウケースにはシナモンロールや各種ブロートヒェン(プチパン)

ショウケースにはシナモンロールや各種ブロートヒェン(プチパン)

アイシングのかかっていない、茶色の「シナモンロール」、ほんのり甘いロールパン「クノーテン」など、全粒粉のドイツパンといえど、けっしてストイックではない、ほっとするような菓子パンもあります。

店頭では松崎さんの奥さまの多貴さんが、さりげなく試食を勧めてくれながら、静かにパンの説明をしてくれます。
クノーテン(140円)ほんのり甘いロールパン

クノーテン(140円)ほんのり甘いロールパン