お手軽撮影もこだわり撮影もおまかせあれ!

撮影モード設定画面

撮影モード設定画面

今やコンパクトデジカメのデフォルト機能となっている、いわゆるカメラまかせのフルオート設定。TX300Vでは裏面照射型CMOSセンサー「Exmor R」の高感度・低ノイズ性能を生かし、昼も夜もカメラまかせでキレイに撮れる「プレミアムおまかせオート」を搭載。

36パターンの撮影シーンを自動認識・設定し、最大ISO12800までの高感度撮影にも対応。昼も夜も、室内も屋外も、順光も逆光も気にすることなく、シャッターを押すだけでキレイな写真を撮れるのです。

 

ピクチャーエフェクト設定画面。それぞれ効果の強弱など細かな設定が可能

ピクチャーエフェクト設定画面。それぞれ効果の強弱など細かな設定が可能

またオリジナリティあふれる画作りを望むなら、「ピクチャーエフェクト」がお勧め。水彩画調やイラスト調など合計9つのモードを搭載し、アーティスト気分の写真を気軽に楽しめる。撮影後にエフェクトをかけることも可能。

 
マイフォトスタイル設定画面。説明文も出てくるので非常に分かりやすい

マイフォトスタイル設定画面。説明文も出てくるので非常に分かりやすい

さらに自分のイメージにあった画作りをじっくり追求するなら「マイフォトスタイル」を活用してみよう。

液晶画面で被写体を確認しながら、明るさや色合い、色鮮やかさをタッチ操作で細かく調整できるこの機能。露出やシャッタースピードの関係など、写真に関する知識に疎い人でも、イメージどおりの写真に仕上げることができるはず。

 

使いこなせれば、相当カッコイイ!

セット内容。マルチステーションおよび、ストラップに取り付けられるタッチペンなどが付属

セット内容。マルチステーションおよび、ストラップに取り付けられるタッチペンなどが付属

スマートフォンも含めてだが、昨今のデジタルギアはタッチパネル操作が主流となりつつあり、特にデジタルカメラでは撮影スタイルに大きな影響を与えている。フィルムからデジタルの転換期、ファインダーをのぞくスタイルから液晶モニターを見て撮る撮影スタイルに変わったように、タッチパネルでシャッターを切るスタイルはカメラの持ち方そのものを変えつつあるようだ。

 
そんな転換期に生まれたのが、このTX300Vといっても過言ではない。従来のデジカメスタイルに慣れきってしまった人にとって、TX300Vの操作系と豊富な機能は戸惑うことも多いことだろう。

しかしWi-Fi機能を始めとした先進機能を使いこなせるようになれば、写真の共有やSNSの活用など、新たなデジカメライフを誰よりも早く満喫できるのだ! そして、近未来的なボディデザインも、みんなの注目を集めるはず。みんなより一歩先を進みたい! そんな人にお勧めしたい、近未来スタイルのデジカメなのです。


【関連記事】
ソニー Cyber-shot DSC-TX300V 実写画像

【関連サイト】
ソニー Cyber-shot DSC-TX300V




■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。