機能とデザインが高次元で融合

SONY Cyber-shot DSC-TX300V 背面

SONY Cyber-shot DSC-TX300V 背面


タッチパネル以外の操作系は電源ボタンとシャッターボタン、ズームレバーしか存在しない

タッチパネル以外の操作系は電源ボタンとシャッターボタン、ズームレバーしか存在しない

強化ガラスをフロントパネルに採用し、背面液晶にはタッチパネルを装備。シャッターボタンやレバー類の操作系も必要最小限に抑え、これまでにないシンプルかつフラッシュサーフェスなデザインが特徴的なTX300V。

 

底面のバッテリースロット内にメモリーカードスロットやHDMI/USB端子などを集約

底面のバッテリースロット内にメモリーカードスロットやHDMI/USB端子などを集約

しかしこれらはデザインだけでなく、防水・防塵にも大きく寄与。さらにはWi-FiやTransferJetによるデータ転送やワイヤレス充電を採用することで、余計なコネクタ類も排除。「卵が先か、ニワトリが先か」までは分からないが、これほど機能ありきのデザイン、デザインありきの機能を、高い次元で融合させたデジカメは世界初! といっても過言ではないだろう。

 

もちろん画質にもこだわっている!

主要スペックは、新開発の有効1820万画素・裏面照射型CMOSセンサー「Exmor R」(エクスモア)と、画像処理エンジン「BIONZ」(ビオンズ)を搭載。さらに先進のノイズ低減技術「Adaptive Noise Reduction」により、圧倒的な高画質と最大ISO12800という高感度を実現。他にもフル画素で秒間10コマの高速連写や、最短0.13秒の高速オートフォーカスなど、数値的なスペックはすべてにおいてハイレベル。

屈折光学式の5倍ズームレンズ

屈折光学式の5倍ズームレンズ

レンズは撮影時も飛び出さない屈折光学式の5倍ズームレンズ「カールツァイス」を搭載し、35mm換算で広角26mm相当から望遠130mmまでカバー。

さらに独自開発の「全画素超解像」技術により、画質劣化を最小限に抑え解像感もそのままに約10倍ズーム(約260mm相当)を実現。加えてデジタルズーム機能を併用すれば、約20倍(約520mm相当)まで1820万画素をキープしたまま被写体を引き寄せることができます。

 

その高画質は「ソニー Cyber-shot DSC-TX300V 実写画像」を参考にしてほしい。

「メモリースティック マイクロ」と「microSDメモリーカード」の両方に対応。同じカードスロットを共用するので2枚同時装着は不可能。カードによって裏表が異なることも要注意

「メモリースティック マイクロ」と「microSDメモリーカード」の両方に対応。同じカードスロットを共用するので2枚同時装着は不可能。カードによって裏表が異なることも要注意

また、記録メディアは「メモリースティック マイクロ」および、「microSDメモリーカード」のどちらにも対応。手持ちの記録メディア資産をそのまま活用できる点もうれしいポイントだ。

 
次のページでは機能と装備についてご紹介しよう。