最新のワイヤレス技術“全部入り”

TX300Vの最大のセールスポイントといえば、やはり数々のワイヤレス機能でしょう。
再生画面左下の「Wi-Fiスマートフォン転送」をタッチして、転送したい画像を選択する

再生画面左下の「Wi-Fiスマートフォン転送」をタッチして、転送したい画像を選択する


近くにあるスマートフォンやタブレット端末を探し、カメラ本体に表示されたパスワードを接続したい端末に打ち込めば接続完了

近くにあるスマートフォンやタブレット端末を探し、カメラ本体に表示されたパスワードを接続したい端末に打ち込めば接続完了

まずはWi-Fi対応の無線LAN機能の内蔵。アクセスポイント経由なら自宅のパソコンやDLNA対応のネットワークテレビなどに撮影した画像を転送できるほか、付属のPCアプリケーション「PlayMemories Home」(プレイメモリーズ ホーム)をインストールしたノートパソコンとのWi-Fiダイレクト接続、専用モバイルアプリ「PlayMemories Mobile」(プレイメモリーズ モバイル)をダウンロードしたAndroid端末およびiPhone/iPadに写真をダイレクト転送することもできる。

 
また、次世代の無線転送技術「Transfer
スマートフォン転送の場合、画像サイズは2MピクセルもしくはVGAサイズにリサイズされるので、転送速度はスピーディ

スマートフォン転送の場合、画像サイズは2MピクセルもしくはVGAサイズにリサイズされるので、転送速度はスピーディ

Jet」(トランスファージェット)も内蔵。対応カメラ同士ならタッチするだけで写真を転送でき、付属のマルチステーションをパソコンやテレビにつなげれば、カメラを置くだけで写真の取り込みや再生も可能になる。

 

付属のマルチステーション。ワイヤレス充電・給電機能とTransferJetによるデータ転送機能を内蔵

付属のマルチステーション。ワイヤレス充電・給電機能とTransferJetによるデータ転送機能を内蔵

さらに、この付属マルチステーションは非接触充電・給電機能も装備。カメラ本体とマルチステーションに内蔵されているコイルで認証・電力伝送を行い、自動的に充電・給電が開始される。電気接点を使用しないので、たとえばカメラが濡れた状態でも充電できるのだ。

 

搭載されていない機能を探す方が難しい!?

レタッチ機能でプリクラ風写真を製作。パソコンなしでも付属のタッチペンを使って、細かな画像加工を行える

レタッチ機能でプリクラ風写真を製作。パソコンなしでも付属のタッチペンを使って、細かな画像加工を行える

TX300Vに搭載されている機能はまだまだある。

撮影場所の位置や方位を画像データに記録できるGPS・コンパス機能を内蔵。付属ソフト「PlayMemories Home」を使えば、マップビュー上に撮影場所を表示できるほか、撮影中に移動した軌跡をたどれるログ機能も搭載。

他にも1920×1080/60p動画が撮影できる「PSモード」を備えるフルハイビジョン録画機能、レタッチ機能など、搭載されていない機能を探した方が楽なほど。まさに全部入りデジカメなのです。

 

次のページでは豊富な撮影機能についてご紹介しよう。