エントリーモデルの中でも実力イチ!? Cyber-Shot DSC-WX50

DSC-WX50は実売価格で1万円台半ばとなるエントリークラスのデジタルカメラ。ただし、機能や写りはエントリーモデルとはちょっとかけ離れたものとなっている。ちょっと注目のデジタルカメラといえるだろう。
DSC-WX50

DSC-WX50(ブラック)



エントリーモデルとしては驚きのデザイン

DSC-WX50 背面

さらにブラックとピンクではバックパネルまで色味が合わされている。

エントリーモデルではあっても質感が高いことがファーストインプレッションとして挙げられるだろう。カラーバリエーションは4色が用意されているが、ブルーを除いた3色はレンズ鏡胴までカラーが揃えられている。

今回使用したモデルはブラックだが、エントリーモデルであるという予備知識なしに見たときに、1万円台半ばで購入できるものとはちょっと思えない質感だ。

デザインも「エントリーモデルだから」という理由で妥協した部分がないように見える。さすがに「高級感溢れる」とまではいかないが、スイッチをオフにしたレンズ収納時にほぼフラットになることや、ボタンやスイッチまでカラーリングが揃えられているところなど、ちょっとエントリーモデルであるとは思えないレベルだ。

本体サイズは92.2(W)×52.0(H)×19.1(D)mm。重量はメモリーカード、バッテリー込みで約117グラム。充分にコンパクトで、男性であればブルゾンのポケット、女性であればポーチの片隅にすら入れることが可能な大きさとなっている。前述したようにレンズ収納時はほぼフラットになることもあり、収納時の体積は最小限になっている。可搬性も高いというわけだ。

次のページでは、ズーム機能について解説しよう。