画質はなかなかに良好

画質はエントリークラスとしては充分に良好。詳しくは実写画像を見ていただきたいのだが、前述のように5倍ズームと抑えられていることも作用しており、1万円台半ばの製品でこれだけ撮影できれば充分だろう。

DSC-WX50 ISO1600

ISO1600の画像から切り出し。どうにかディテールが残っている。

また、暗所性能も裏面照射型CMOSイメージセンサを搭載していることで、それなりによいと感じられるものであった。

最大ISOは12800であるが、実用範囲内といえるのはISO1600まで。ここまでならディテールが残され、充分に見ることができる画像となる。

 
ISO3200/6400は非常用であれば使えるといったところ。縮小してブログ等に使うのであればなんとかという画質だ。最大のISO12800となると正直なところ、実用範囲外。ディテールは溶けてしまい、なんとか全体の雰囲気を捉えるていどが限界となってしまう。さすがにISO12800を使うのはオススメできない。


さまざまな撮影モードや光学式の手ブレ補正など、豊富な機能を搭載

さまざまな撮影バリエーションとなる「ピクチャーエフェクト」も搭載されており、これらのエフェクトを楽しむことができる。DSC-WX50はエントリーモデルであるが、フラグシップ機であるDSC-TX300V(レビュー)と同じ効果が搭載されている。その意味ではお得感があるかもしれない。

もうひとつ、光学式の手ぶれ補正機構が搭載されていることも、エントリーモデルとして重要なポイントとして挙げておくべきだろう。
DSC-WX50 マイク

ステレオマイク(!)が上面に搭載されている。静かな場面での動画撮影時には鼻息に注意(マスクをすると防げる)。


また、動画撮影時にはアクティブモードと呼ばれる手ぶれ補正機構が働き、大幅に手ぶれを軽減することができる。

たとえば子供やペットを追いかけながら動画を撮影しても、再生時に酔うような手ぶれ満載の画面にならないというわけだ。このモードがエントリーモデルである本機に搭載されているのはなかなかに贅沢な話だ。しかも、最大でフルHD/60i、ステレオ音声での撮影が可能。

このようにDSC-WX50は1万円台半ばのエントリーモデルのわりに、全般的に機能が豊富なのが特徴といえる。

撮影時にひとつ気になったのは撮影間隔。1枚撮影すると約1秒ほど撮影できなくなるといったところ。連写モードであれば秒間10枚の撮影ができるのだが、通常撮影時には連写に弱いというのは実際のところだろう。

次のページでは、ちょっと気になる点をまとめておこう。