5倍ズームレンズは充分? 物足りない?

DSC-WX50 テレ端

お台場の湾岸からレインボーブリッジを望遠端で撮影したところ。5倍ズームでもそれなりには大きく写る。実写画像一覧はこちら。

搭載されているレンズは25-125mm相当の5倍ズームレンズ。昨今の10倍や12倍といった高倍率ズームを搭載したコンパクトデジタルカメラと比べると倍率が少ないように思える。ただ、多くの一般的な撮影シーンでは5倍ズームレンズで充分なはずだ。

また、ズームレンズは高倍率にすればするほど、画質に悪影響を及ぼすことが多い。そういう意味においても5倍ズームレンズというのはバランスが取れている選択であるといえるのではないだろうか。

まあ、その一方でたとえば12倍ズームレンズを搭載したIXY 3(キヤノン IXY 3 レビュー)あたりを使っていると、「ああ、これはこれで便利だなぁ」などと思ってしまうのではあるけれども。

DSC-WX50 プレミアムオート+

「プレミアムオート+」と呼ばれるオート撮影機能はほとんどのシーンで正確に働いてくれる。

また、撮影はほとんどのシーンで「プレミアムオート+」と呼ばれるオート機能におまかせでもほとんど問題はなかった。

なお、筆者のように細かく設定したがりな、うるさ型のユーザー向けにちゃんとPモードも用意されている。

 
次のページでは、画質について紹介しよう。