洗車のとき、必要なもの、必要な道具とは?

洗車道具

とりあえず、洗車にはバケツと洗車スポンジ、カーシャンプー、拭き上げ用のウェスがあれば十分。

洗車には、特に決まったやり方があるわけではありません。なので、きれいになりさえすれば、どんなやり方でも問題はありませんが、実はやり方によっては塗装面にキズをつけてしまったり、作業効率が良くなかったりということもあるのです。そこで今回は、洗車の基本的なやり方を紹介したいと思います。

 

まず、洗車に必要な道具ですが、シンプルに行くなら、バケツと洗車スポンジ、カーシャンプー、拭き取り用のウェスがあれば十分です。洗車スポンジやウェスは、塗装面用と下回りやホイールなど汚れやすい部分用と2組用意しておくといいでしょう。もちろん、汚れを洗い流すために、水道もしくはコイン洗車場などのような高圧洗浄機が使える場所で作業する必要があります。

手順1「水圧の高い水を使って水洗いする」

実際の手順としては、まず水でボディについた砂埃などをしっかりと洗い流します。塗装面に砂などが残っていると、スポンジで洗うときに細かいひっかき傷を作ってしまいますので、高圧洗浄機のように水圧の高い水で念入りに洗い流すのがポイントです。

手順2「ボディを上から下へ、パートごとに泡洗いする」

次にバケツに水をくみ、カーシャンプーを入れてしっかりと泡立てます。ものによっては、直接スポンジに原液をつけて洗うタイプもありますので、そのあたりは製品の説明書きをよく読んで使い分けてください。

ボディ下まわり

ボディの下まわりは、特に泥や砂などが付着しやすいので、塗装面とは別のスポンジで洗い分けるといい。

洗車スポンジにカーシャンプーをたっぷりと含ませたら、早速ボディを洗います。

洗う順番は、ルーフなど、ボディの上から下へが基本で、ルーフ、ドア、ボンネットというようにパートごとに洗ってゆくと、洗い残しを防ぐことができます。ゴシゴシと強くこする必要はなく、泡で浮かせた汚れをさっと拭き取るくらいのイメージでいいと思います。

泥や砂などが付着しやすいボディの下まわりは、最後にまとめて洗うようにするといいでしょう。スポンジも上まわりの塗装面を洗うのとは、別のものを使い分けると、塗装面にキズが付くのを防ぐことができます。

次のページでは、洗車後の仕上げ方について紹介します。