実力派の作品が勢ぞろいした2011年絵本人気ランキング

ネット通販サイトAmazon.co.jp から、絵本の「Best Books of 2011」が発表されました。そのランキングを見ると、以前に「2011年上半期絵本人気ランキング」として当サイトでご紹介した絵本が並び、それらの絵本には一過性でない根強い人気があることが伺えます。

でも、もちろんお薦め絵本はそれだけではありません。そこで、Amazon.co.jp 2011年絵本売上ランキングの中から、ガイドがおすすめ絵本をピックアップしてカウントダウン形式でご紹介します。「2011年上半期絵本人気ランキング」と合わせてご覧いただければ、いまどきの絵本のトレンドが見えてきます。

それでは、第10位からご紹介します。

歌うように読みたい絵本
第10位  『うずらちゃんのかくれんぼ』

『うずらちゃんのかくれんぼ』の表紙画像

愛子さまの愛読書として有名になった、楽しいかくれんぼ絵本


「じゃんけんぽん!」「もう いいかい」「まあだだよ」と、おなじみの言葉にのせて、ストーリーが展開していくこのかくれんぼ絵本は、小さなお子さんをお持ちのご両親に大人気の作品です。

人気の理由の一つに、言葉のリズムの面白さを挙げることができます。この本は、声に出して読まなければ、魅力が半減してしまいます。単純だけれどもリズミカルな文章は、何度も繰り返し読むうちに暗記してしまい、いつの間にか読み手と聞き手が一緒に声を合わせて合唱しているということもしばしばです。

空を行く雲がページを追うごとに少しずつ大きくなり、やがて雨が降り出して、おばけと見まごうような大きい影が現れるストーリーも、小さな読者には十分すぎるほどのドキドキ感を提供してくれますね。

ただ、大人の方の中には、独特の色使いが好きになれないという方も時折いらっしゃいます。そんな時は、大人の好みだけで決めることなく、まずは図書館などで、お子さんと一緒に現物を手にとって見てみることをお薦めします。


【書籍DATA】
きもとももこ
価格:945円
出版社:福音館書店
推奨年齢: 1歳くらいから
購入はこちらから

>> 第9位は、純真な男の子を描いて読者の胸を打つ絵本