世界中で大人気、エリック・カールの代表作
第1位 『はらぺこあおむし』

『はらぺこあおむし』の表紙画像

数に興味を持ち始めたお子さんにもお薦め!エリック・カールの代表作


世界的なベストセラーとしてあまりに有名な絵本『はらぺこあおむし』が、「Best Books of 2011」でも、上位にランクインしました。 

色彩の魔術師の異名をとるエリック・カールの美しいコラージュはもちろん、数や曜日の認識をさりげなく織り込んだストーリーや青虫の食事の跡を示す穴あきの仕掛けも楽しく、人気と実力を兼ね備えた絵本です。月曜日はリンゴ1個、火曜日はナシ2個、水曜日はプラム3個、などと食べまくり、チェリーパイやソーセージまで食べてまるまると太り、しまいにはおなかが痛くなってくるあおむしくん。

その後の展開は、大人は容易に予想がつきますが、幼い子どもたちは興味津々で、まさに目が釘付け状態です。そして小さな読者の期待をはるかに上回るあおむしの変化。その美しさに、いつも「うぁ~」と歓声があがります。

赤ちゃんの頃は、仕掛けの穴に指を入れて、ニコニコするだけだったお子さんも、その成長と共にお話を理解していき、やがて命の営みの素晴らしさに気付く時が来るでしょう。その時々で年齢にあった楽しみ方ができるように、よく考えられた作品です。

お家用の普通判だけでなく、お出かけ用にミニエディションまで揃えて楽しんでいる方がたくさんいらっしゃるのもうなずけますね。
 
【書籍DATA】
エリック・カール:作 もりひさし:訳
価格:1260円(税込)
出版社:偕成社
推奨年齢: 3歳くらいから
購入はこちらから

【関連リンク】
2011年上半期絵本人気ランキング



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。