「キレイになりたいけれど、忙しくて美容にかける時間がない」とお嘆きの働き女子、必見! 【前編】に引き続き、身近なアイテムを使って日々の生活の中で無理なく実践できる、あの手この手の美容ワザを24時間・実況中継でお届けします。
 

シーン3:帰宅後

仕事を終えて、家事をこなす帰宅後の時間。料理や後片付けをしている間にも、身近にあるものを使って美容ケアが可能です。入浴前の頭皮ケアで老化を防ぐ方法も伝授!

■裏技10:割り箸で顔筋エクササイズ

裏技10

頬を持ち上げるようなイメージで

キュッと上がった口角を作るため、料理やレンジ調理の合間を利用してできる時短美容テク。上下の前歯で割り箸を軽く噛み、口角が割り箸のラインよりも上になるように意識して、そのまま30秒~1分間ほどキープしましょう。

 
【ここがポイント!】
最初は鏡を見て口角のラインを確認しながら行って。左右のバランスが整うよう意識して、頬を持ち上げる感覚を表情筋に覚えこませましょう。割り箸が左右どちらかに傾いてしまう場合は、噛み合わせに問題がある可能性も。


■裏技11:食器を洗いながらハンドエステ

裏技11

可愛いゴム手袋でやる気アップ!

お湯を使って食器などを洗うとき、あらかじめ手にハンドクリームを塗っておき、その上からゴム手袋をすると、温熱&密閉効果で保湿成分が浸透しやすくなります。

 
【ここがポイント!】
食器用洗剤に含まれる界面活性剤は、手荒れの大きな原因となります。手にやさしいと書かれてあっても、なるべくゴム手袋を使うのがベター。可愛いデザインのゴム手袋を使えば、家事のモチベーションもアップ!


■裏技12:シャンプー前の1分ブラッシングでアンチエイジング!

裏技12

ブラッシングで血行を促進

顔の皮膚は頭皮とつながっているので、顔のたるみを防ぐには健康な頭皮を保つことが欠かせません。シャンプー前の1分間ブラッシングで頭皮の血行を促進させましょう。

まずは毛先からブラシをかけ髪のからまりを取った後、ブラシを地肌に密着させ、生え際から頭頂部に向かってとかし上げます。ブラシを振るようにして軽くタッピングしたり、ブラシの柄を使って頭頂部にある「百会(ひゃくえ)」というツボを刺激するのも効果的です。

 

【ここがポイント!】
裏技12

先の丸い竹ピンブラシやウッドピンブラシがおすすめ

ブラシは、ピンの間隔が広く先の丸いものがベター。ピンが木製や竹製のものなら、静電気も起きにくく、頭皮を傷つけにくいのでおすすめです。「百会」は、リラックス効果のあるツボ。息を吐きながら、ゆっくりと押しましょう。


 

■裏技13:週に一度はデトックス! オイルでセルフヘッドスパ

裏技13

らせんを描くようにくるくるとマッサージ

頭皮の毛穴は、皮脂や整髪料などが詰まって汚れているもの。週に一度、オイルマッサージで浮かせてオフするのが賢い方法。オイルを頭皮になじませたら、5本の指の腹で生え際から頭頂部に向かって小さならせんを描くように揉み込みます。その後、シャンプーで洗い流せばすっきり!

 
裏技13

オイルの力でデトックス

【ここがポイント!】
アルガンオイルや椿油など、植物性のオイルを使うのがおすすめ。洗い流した後は頭がすっきりと軽くなり、頭皮や髪の毛もしっとりと落ち着きます。

 


■裏技14:バスルーム内保湿で乾く隙を与えない!

裏技14

肌が湿っているうちにオイルを伸ばして

バスルームから出た直後から肌の水分は蒸発し始め、猛スピードで乾燥が進みます。一刻も早く保湿をするため、バスルームにいるうちにボディケアを済ませてしまいましょう。

バスルームから出る直前、まだ水滴が残っている状態の肌にボディオイルをまんべんなくなじませ後、タオルでそっと水気を拭き取ります。

 
【ここがポイント!】
湿った肌になじませることでオイルの滑りが良くなり、背中や太もも、ヒップといった広範囲も素早く簡単にお手入れが可能。オイルを伸ばす前に、肌表面の水分を手で軽く払っておきましょう。また、水気を拭き取る際、オイルの成分や香りがタオルに移ることがありますので注意してくださいね。

>>次のページでは、寝る前のくつろぎタイムに実践できる、時短&ながら美容テクをご紹介します!