「キレイになりたいけれど、忙しくて美容にかける時間がない」とお嘆きの働き女子、必見! 今回は、身近なアイテムを使って日々の生活の中で無理なく実践できる、あの手この手の美容ワザを24時間・実況中継でお届けします。
 

シーン1:朝

何かと慌しい朝は、一分一秒も無駄にしたくない! 朝食や歯磨きの有効時間を活用したり、肌の状態に合わせた化粧品のブレンド技を駆使して、効率よくキレイを目指しましょう!

■裏技1:しょうが紅茶で代謝をアップ!

裏技1

手軽に使えるしょうがパウダーが便利

目が覚めて冷えやむくみが気になるなら、ホットティーにしょうがを加えた“しょうが紅茶”を飲んで体を温めましょう。しょうがは手軽に使えるパウダー状のものがおすすめです。しょうがの辛味が気になる人は、ミネラルたっぷりの黒糖を加えても。

 
【ここがポイント!】
しょうがは数ある食材の中でも体を温める効果がピカイチの陽性食品。同じく体温め効果の高い紅茶と組み合わせることで、体温の上昇を促し、新陳代謝を活発にします。紅茶に含まれるカフェインの利尿作用で、体内の余分な水分が排出され、むくみ解消効果も期待できます。

■裏技2:うがいストレッチで歯磨きついでにほうれい線消し

裏技2

表情筋を刺激して脱老け顔!

歯磨き後、うがいをする時に口の中から刺激を与えて、イヤなほうれい線に対抗! 左右の頬、上下の唇と歯茎の間、それぞれに水と空気をためて勢いよくすすぎます。上下左右3セットくらいを目標に。

 
【ここがポイント!】
老けた印象をもたらすのがほうれい線。表情筋が衰えて硬くなり始める30歳前後から目立ち始めるので、意識的に鍛えて。皮膚を内側から伸ばすようなイメージで、パンパンに膨らませるのがポイント。

■裏技3:化粧水+オイルで保湿力を強化

裏技3

混ぜるオイルは1~2滴で十分

化粧品のブレンド技でスキンケア時間を短縮! 化粧水を手のひらにとった後、オイルを1~2滴たらします。そのまま両手のひらをこすり合わせるように混ぜて、顔全体に伸ばしましょう。こっくりとした美容液のような感触で肌にスーッと浸透し、肌が柔らかくほぐれます。

 
【ここがポイント!】
「水分を補給した後、油分でフタをする」というステップが一度で完了。肌になじんだら、そのままベースメイク(化粧下地やBBクリームなど)に移ってOKです。

■裏技4:リキッドファンデ+乳液でしっとりナチュラル肌に

裏技4

しっとりナチュラルな仕上がり

肌の乾燥がひどい日は、ベースメイクにもプラスひと手間。いつものリキッドファンデーションに乳液をブレンドするだけで、夜まで乾燥しにくくなります。

 
【ここがポイント!】
乳液を混ぜることで、ファンデーションの保湿力がアップ。伸びが良く薄づきになるので、ナチュラルな仕上がりになります。混ぜる乳液の量は、まずはパール1粒分くらいから試して、ベストな量を探ってみて。

■裏技5:“水あり”使いでパウダーファンデが練りファンデに

裏技5

スプレー化粧品を軽くひと吹き

パウダーファンデーション派の人向けの保湿力アップテクはこちら。保湿効果のあるスプレー化粧水をスポンジに軽く吹きかけ、少し湿らせた状態でファンデーションをとったら、あとはいつも通りに塗るだけ。ファンデーションがクリーム状になり、保湿力やカバー力がアップします。

 
【ここがポイント!】
スポンジの水分が多いとファンデーションがムラづきしてしまうので、少し湿っているくらいがベスト。肌への密着度が高まって崩れにくくなるので、化粧崩れが気になる時にもおすすめの方法です。湿ったスポンジを長時間ケースに入れておくと雑菌が繁殖しやすくなるので、こまめに洗って乾かしましょう。

■裏技6:“ついでチーク”でフェイスライン削り

裏技6

フェイスラインをぐるりと一周!

メイクで小顔に見せたいなら、チークをシェーディング代わりにも活用。チークを頬に入れた後、ブラシに残ったパウダーを最後にぐるりとフェイスラインにつけると、輪郭に影ができて引き締まって見えます。

 
裏技6

まぶたにもさっとひとはけして

【ここがポイント!】
シェーディングは、色がはっきり出てしまうとかえって逆効果。ブラシに残ったパウダーを活用することで、ほんのり色づき自然な陰影が生まれます。また、メイクをナチュラルに仕上げたい時は、ブラシに残ったパウダーをまぶたにさっとひとはけするのもおすすめ。顔全体の血色がアップし、チークだけが浮いて見えるのを防ぐことができます。

 
>>次のページでは、通勤&仕事中に実践できる、時短&ながら美容テクをご紹介します!