シーン2:通勤&仕事中

毎日の通勤タイムやオフィスでのデスクワーク中にも、手軽に実践できる美容テクをご紹介。乾燥しがちなオフィスでは、特に保湿ケアを重点的に!

■裏技7:通勤時はマスク着用で“ちゃっかり保湿”

裏技7

スチーム効果で浸透力アップ

毎日の通勤時間を、口元の保湿ケアに有効活用! ほうれい線に乳液やクリームをやや厚めに塗り、唇にはリップクリームや唇用美容液をたっぷりなじませ、その上からマスクを装着して通勤すれば、オフィスに着く頃には、乾きやすい口元もふっくらツヤツヤ。そのまま化粧室で口紅を重ねれば、リップメイクもばっちりです。

 
【ここがポイント!】
マスクの中は自分の吐く息がこもって、いわばスチームサウナのような状態。これをスキンケアに活用しない手はありません! 着けたまま動き回っても平気なうえ、安くて手軽。風邪や花粉症を予防しながら、ちゃっかり保湿も済ませてしまいましょう。

■裏技8:ガムを噛んで小顔ケア&ゆがみを補正

裏技8

左右均等に噛むのがポイント

デスクワーク中に集中力が途切れてきたら、ガムを噛んでリフレッシュ。ガムを2粒用意して、左右両方の奥歯で15~20分ほど噛みましょう。噛むことであごや輪郭周辺の筋肉が使われるのでフェイスラインが引き締まるほか、血行が良くなるので美肌効果も!

 
【ここがポイント!】
ガムを噛むと唇周辺の口輪筋が活発になり、口角が上がって魅力的な口元になります。また、左右の奥歯で均等に噛む感覚に慣れることで、片噛みを防止し、顔のゆがみを補正する効果も。

■裏技9:オフィスでの日中保湿は“乳液”が正解!

裏技9

強く押さえるとメイクがヨレるので注意!

エアコンが効いて乾燥しているオフィスに一日中いると、気になるのが目元や口元、頬などのカサつき。「乾いてる!」と感じたら、保湿成分が肌にしっかりとどまる乳液で、すかさずケアしましょう。

乳液を手に取り、両手をこすり合わせるようにして広げたら、そのまま乾燥が気になる部分を軽く押さえるようにしてなじませて。

 
【ここがポイント!】
肌の潤いを逃さないためには、油分でフタをすることが大切。乳液を使えば、便利にフタ付き保湿が可能になります。メイクがヨレないよう、強く押さえないのがコツ。もしもヨレてしまったら、スポンジでなじませましょう。乾燥が気になったらすぐに実践できるよう、トラベルサイズやサンプルでもらった乳液をポーチに入れておくと便利です。

【後編】では、帰宅後、家事の合間や入浴前後、お休み前のリラックスタイムに実践できる時短&ながら美容ワザをご紹介します! お楽しみに。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。