ドライヤーは面倒!時短で髪を素早く乾かす裏技6選

undefined

素早く髪を乾かす時短ヘアドライの裏技は?

疲れた夜や忙しい朝、濡れた髪を乾かすのは面倒くさいですよね。かといって乾かさずにいると、髪のキューティクルが開きっぱなしになり、ダメージへとつながってしまいます。

またドライヤーといえば、私たちが使う美容器具の中でも消費電力は高め。素早く髪を乾かすことができれば、ヘアケアの時短と節電の両方につながり一石二鳥です。

そこで今回は、短時間で髪を乾かすさまざまな方法をご紹介。『コスパ(コストパフォーマンス)』『お手軽度』『時短効果』の3つの視点で徹底ジャッジします!


基本のタオルドライ法をおさらい

基本のタオルドライ

基本のタオルドライ

ドライヤーの使用時間を短くするためには、ドライヤーを使う前に髪の水分をできるだけ少なくしておくことが大前提。

そこで重要なのが『タオルドライ』。まずは基本の方法をおさらいしましょう。

洗髪後、手で毛束をきゅっと絞って、水気を切ります。バスルームから出たら乾いたタオルを頭に当て、指の腹を小刻みに動かすようにして地肌と髪の根元の水分をふき取ります。髪の中間から毛先は、タオルで毛束を挟んでポンポンとやさしく押さえ、水気をしっかり吸い取りましょう。

爪を立てたり、ゴシゴシこすったりすると頭皮や髪を傷めてしまうので注意!


裏技その1:ティッシュドライで水気を徹底カット

undefined

髪をこすらず、そっと押さえて


髪を乾かす前にティッシュペーパーで毛束を挟んで軽く押さえれば、タオルドライで取り切れなかった水分までしっかり吸収され、ドライヤーの使用時間を短縮できます。1回に使うのは1~2枚で十分。髪の長い人はキッチンペーパーを使うと、より吸水力がアップします。

【コスパ】★★★★
【お手軽度】★★★★★
【時短効果】★★★


裏技その2:タオルをかぶって乾かすタオルサンド法

undefined

タオルが熱くなり過ぎないよう注意


フェイスタオル1本あればすぐ実践できるのが『タオルサンド法』。乾いたフェイスタオルを頭にガバッとかぶり、タオルの上もしくは内側からドライヤーを当てて髪を乾かす方法です。

いったんタオルに吸収させた水分をドライヤーで蒸発させるという原理で、ドライヤーの使用時間が短縮できます。タオルをかぶった状態なのでスタイリングは難しいのですが、この方法であらかた髪の水気を取ってから、最後にブローブラシなどを使って仕上げれば完璧ですね!

【コスパ】★★★★★
【お手軽度】★★★★
【時短効果】★★★★


裏技その3:タオル+ヘアゴムで作る!即席速乾ミトン

undefined

家にあるものですぐできるのがうれしい!


フェイスタオルを使った速乾ワザをもう1つご紹介。タオルを手にかぶせ、手首の部分をヘアゴムでとめてミトン状にし、濡れた髪に当てて振り動かしながらドライヤーをかけるという方法です。

素手と違って髪に直接触れていないため、髪がどれくらい乾いたかがわかりにくいのですが、家にあるもので手軽にできるのに時短効果は高め! 子どもの髪を乾かす時にも便利です。

【コスパ】★★★★★
【お手軽度】★★★★★
【時短効果】★★★★


>>次のページでは、話題の便利グッズを使った方法をご紹介します!