スライドショーでは、プロジェクターやパソコン画面に映し出したスライドを使って説明するわけですが、スライドのどの部分を説明しているのかがわかるように、発表者が説明箇所を指し示すことがあります。

伸縮タイプの差し棒を使ったり、マウスポインターを差し棒代わりに使ったり、PowerPointの「ペン」機能でスライドに直接線などの図形を書き込んだりと、さまざまな方法でスライドを指し示すことができます。
PowerPoint2010では、これらの方法に加えて「マウスをレーザーポインターとして使う」方法があります(PowerPoint2007以前のバージョンには、レーザーポインターの機能はありません)。
   

パワーポイントで「スライドショー」を実行する

PowerPointで作成したスライドを「スライドショー」モードに切り替えます。「スライドショー」タブの「最初から」ボタンをクリックします。
「F5」キーを押しても、1枚目のスライドからスライドショーを実行できる

「F5」キーを押しても、1枚目のスライドからスライドショーを実行できる

スライドショー画面に切り替わったら、スライド上を何度かクリックして2枚目のスライドを表示します。
1枚目のスライドが画面いっぱいに大きく表示された

1枚目のスライドが画面いっぱいに大きく表示された

2枚目のスライドに切り替える。スライド上を動かすとマウスポインターが表示される

2枚目のスライドに切り替える。スライド上を動かすとマウスポインターが表示される

スライドショーモードでは、通常、マウスポインターが白い矢印の形をしています。この状態でマウスを動かして、差し棒かわりにすることもできますが、背景が白いスライドでは目立ちません。
 

マウスを「レーザーポインター」に変える

マウスポインターをレーザーポインターとして使うには、「Ctrl」キーを押しながらマウスの左ボタンをドラッグします。

すると、マウスポインターの形が赤く光ったような形状に変化し、説明箇所を照らしてくれるのです。電気の点いた明るい室内でも使えますが、会場が暗いとより効果を発揮します。
マウスポインターが赤く光ったレーザーポインターに変わった

マウスポインターが赤く光ったレーザーポインターに変わった

赤く光ったレーザーポインターを動かしながら説明することで、聞き手の注意を集めることができます。これなら別途レーザーポインター付きの差し棒を用意したり、マウスと差し棒を何度も持ち帰る必要がありません。
「Ctrl」キーを押しながらマウスの左ボタンを押したまま動かすと、レーザーポインターで目的の位置を指せる

「Ctrl」キーを押しながらマウスの左ボタンを押したまま動かすと、レーザーポインターで目的の位置を指せる

気を付けたいのは、レーザーポインター機能を使うときは、常に「Ctrl」キーとマウスの左ボタンを押しっぱなしにして動かすこと。どちらかの指を離すと、レーザーポインター機能が解除されるので、必要なときに再度、「Ctrl」キーを押しながらマウスの左ボタンをドラッグします。

 

レーザーポインターの色を変更する

初期設定では、レーザーポインターの色は「赤」ですが、他にも「緑」と「青」が用意されており、事前に色を選ぶことができます。

それには、「スライドショー」タブの「スライドショーの設定」ボタンをクリックします。
「スライドショー」タブには、スライドショーに関連する機能がまとまっている

「スライドショー」タブには、スライドショーに関連する機能がまとまっている


「スライドショーの設定」ダイアログボックスが表示されたら、「レーザーポインターの色」の▼をクリックして色を選び、「OK」ボタンをクリックします。
スライドの背景の色に合わせて目立つ色を選ぶと効果的だ

スライドの背景の色に合わせて目立つ色を選ぶと効果的だ

この状態でスライドショーを実行し、マウスポインターをレーザーポインターに切り替えると、指定した色で光るというわけです。
「Ctrl」キーを押しながらマウスの左ボタンを押すと、緑色のレーザーポインターに変わる

「Ctrl」キーを押しながらマウスの左ボタンを押すと、緑色のレーザーポインターに変わる

緑のレーザーポインターの周りが光ったように見える

緑のレーザーポインターの周りが光ったように見える

スライドショー実行中に色を切り替えることはできないので、必ず事前に設定しておきましょう。

なお、レーザーポインターの機能を使う際には、リハーサルの段階で十分に操作に慣れておくことが重要です。プレゼンテーション本番でPowerPointの操作にまごついていると、プレゼンテーションの準備が不十分という印象を与え、聞き手の信頼感をなくすことにつながりかねません。


【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。