モテないランキング2位:
「欲」に関するメール&つぶやき

男性

「子どもみたい」がモテになるか、非モテになるかは紙一重の差です!

「お腹すいた」「眠い」などと人間の根本的な欲求にまつわるメールやつぶやきもモテないメールに認定! 盛り上がっている頃ならば、そんなふうに欲丸出しであっても新鮮に思えます。なので、はじめは「子どもみたいでかわいいな」と思って機嫌よく対応できても、同じように欲求ばかり訴え続ける内容が続くと、「子どもじゃあるまいし……」という真逆の気分になってくるというもの。人間は勝手な動物ですから。ええ。

少しだけ手間をかけてでも、「だからどうした」というオチの部分まで含めたほうが、読んだ相手に余計な気を遣わせないことはたしか。「小腹がすいたのでコンビニでスイーツを調達。あとさきを考えずに完食したところ、カロリーが540もあってショック!」など、多少のサービス精神がモテ道には必要のようです!

モテないランキング1位:
「趣味」にまつわるメール&つぶやき

趣味

趣味にまつわるメールやつぶやきは、相手をよく見極めてからがおすすめ。マニアックな趣味については危険な賭けともいえます!

相手に興味がない限り、読んでいても面白みが伝わりにくいのが趣味に関するメールやつぶやきです。これって、おそらく根本にあるのは「自己満足」だから。たとえば、「今日はネイルサロンでクリスマス仕様にネイルをチェンジ。キラキラ感が気分を盛り上げます!」という文章にネイルの画像がついていても、男性の多くは「かわいいね」「大人っぽいね」「似合ってるね」という3つの凡リアクションのどれかでは?

この手の内容を伝えたい場合は、恋人として安定している関係にある相手や、趣味に理解が深い相手を選んだほうが、自分にとって気持ちのいい返事がもらえることは確実です。とくにメールの場合、趣味のジャンルや内容が深ければ深いほど、受け取る相手の反応を思いやる心遣いを考えるのがモテる大人のたしなみといえそうです。


いかがでしたでしょうか、モテないメール&つぶやきランキングの結果は。大切なのは送る相手と手段をしっかり見極める、ということ。もらったメールでグっとくるものがあれば、まずはそれをマネしつつ自分なりにアレンジして返してみると、相手好みのモテメールに早変わり! つまらない数多くのメールを送るより、一通の楽しいメールのほうが、もらった相手の心にはきっと届きます!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。