【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました
モバイル

たった一文でも、その人のセンスが出てしまうのがメール&つぶやきです!

みなさんは、ほかの人がどんなメールを送ったり送られたり、どんなことをつぶやいているかって気になりませんか?

「文章は、その人のいろいろな面がにじみ出てしまう」とは、昔からよく言われていること。ちょっとした言葉遣いや気の配り方で、「いいかも!」に転んだり、「いまいち合わないかも……」と遠い目になったりするものです。

そこで今回は、もらっても返信に困るような「モテないメール&つぶやき」について、婚活取材先で出会った複数の男女にリサーチをした結果を発表します。人のフリ見てわがフリ直せ。うっかり自分でもモテないメールを送ったり、つぶやいたりしていないか、チェックしましょう!

モテないランキング5位:
「天気」にまつわるメール&つぶやき

会話

あたりさわりのない話題は無難だけど「モテ」ではないようです!

「今日は寒いね」「雨が降ってきたよ」というお天気に関するなにげないメール&つぶやき。これって話の接ぎ穂としてはピッタリと思いきや、恋愛要素に欠けているということで意外と人気が低いことが判明!

さて、理由を挙げてくれたみなさんの言い分は……?

「『そうだね』としか返せないから」「明らかにほかに話題がないのがわかるから」というクールな分析派のみならず、「なんかジジむさい」「オカンからのメールみたい」というフィーリング派からもイマイチな意見が集まっています。無難な内容なはずなのに、残念!

天気の話を恋愛シフトにチェンジする方法とは?

電話

恋愛度の高いメールはふたりの共通ワードを散りばめること。電話でおしゃべりをするように伝えてみるのもアリ!

そこで、天気の話題を恋愛につなげるための提案として、パーソナルな部分をプラスしてみるのはいかがでしょう? たとえば、メールの場合なら「今日は寒いね」のみで終わらせるのではなく、「今日は寒いけど、●●くん、風邪をひかないようにね。こんな日の夜は二人でお鍋でも食べたいところだよね」とか。

天気の話題はあくまでもフックにすぎません。それが本題になってしまわないような、細やかな気遣いができてこそモテメール&つぶやきといえます。

一方でやり過ぎにも気をつける必要もあります。かつて私も「梅入りお湯割が旨い季節になりました」「おでんを肴に熱燗をキューっと一杯、いかがでしょう?」とメールを送って、スルーされた経験が。どうやら、自分の好みをおしつけることを優先しすぎたようです。恋愛の基本であるところの、「いかに相手の好みに沿うようなことを伝えるか」ということがすっかり欠けていたんですねー。反省。

>>次のページでは、思わず送ってしまいがちなメール&つぶやきにダメ出しをくらったケースをご紹介します!