そこそこ美人。なのに、なぜ彼がいないの?

中途半端

かつてはモテたりチヤホヤされた経験が1~2度ある「中途ハンパな美人タイプ」、余ってます(涙)!

ファッションやメイクも手抜きを感じさせない程度には気をつかっているし、礼儀やマナーだってひととおりはわきまえているはず。なのに、「なぜ、彼氏ができないの?」「結婚できないのは、どうして?」と思うこと、ありませんか?

そんな疑問を解決すべく、バッサリと愛のムチをふるってくださったのは、結婚相談所ganmiの代表アドバイザーである三島光世さんです。「飾らずに本音を話せる!」と評判の三島さんは、本気で結婚を考える女子たちから絶大なる信頼を寄せられている、業界で今いちばん注目を集めている女性。三島さんは、ともすれば心細くなりがちな婚活ロードを一緒に走っていくための強い味方なんです!

今回は、そんな三島さんに「30代独身女子がおちいりがちな言動」について、NG例と具体的なアドバイスをいただきました。基本は、“辛口トーク”ではなく“本音トーク”。「私のことかも……」って思うこともたくさんあってドキドキしますが、「良薬は口に苦し!」の精神でぜひ参考にどうぞ!

中途ハンパな美人」はやっかいな存在!?

三島光世さん

「頼りになる姉貴的存在」の三島さん。実りある婚活ができる強~い味方です!

 「中途ハンパな美人は、やっかいなんですよねー。……って、かつて私も同じことを男性からいわれたんですけどね(笑)」と、のっけから暴走気味の三島さんの分析によれば、ほとんどの人は実は今まで1~2回は結婚のチャンスはあったはず。でも、その波に乗らなかったということは、「まだ今じゃない」と自分で結婚の機会を見送っていた可能性があるとのこと。「そこそこ可愛くて教養があればなおさら、若い頃はチヤホヤされた経験があるはずなので30代になったら注意しないと。だって、周りを見て! そんな30代の女性は、山ほどいるでしょう?」

……ううう。たしかに、最近はキレイな30代って多いかも。そして、そんなに厚~い層のなかから自分ひとりをナイスガイ(!)に見初めてもらおう、っていうのは、ものすごくハードルの高いことなのかも……。

と弱気になっていたところ、三島さんから「そうよ。まずは、自分を棚からおろすことよ!」と喝が! えーと、“自分の棚卸し”って、どういうこと???

>>次のページでは、「“棚卸し”は婚活のはじめの一歩」の理由を探ります!