【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

せつない恋をしている女子はたくさんいます!
 

恋に悩める女子

彼氏のいる・いないに関わらず、せつない恋をしている女子は大勢います。前向きな気持ちになれるメッセージをぜひ読んでみて!

「出会いって、どこにあるの?」「どこかにいい人、いないかな?」そんな多くの声に後押しされるように、いつも出会いの現場に向かう私ですが、最近は好きな人がいたり恋愛中だったりする女子からのお悩みを寄せられることも多いんです。

「自分の気持ちに気がついてもらえていない」「なかなか結婚の話が出ないけれど、このまま彼と付き合っていていいものか?」「彼のことは大好きだけど、結婚できない事情がある」……たとえ好きな人がいても幸せを実感できたり、自分の気持ちに納得がいかなかったりすれば、それはやっぱり“せつない恋”ということになるのかもしれませんね……。

冬はせつない恋が身にしみる季節です
 

くじけないで

ほかにも私たちの心に響く詩が数多く掲載されている90万部のベストセラー「くじけないで」(飛鳥新社刊)

冬はとくに人恋しさに拍車がかかる季節! ついつい、ため息をついてしまいがちな夜の長さに「ウジウジしているのは、もうたくさん。自分を変えたい!」と思ってしまうこともあるでしょう。

そこで今回は、せつない恋を乗り越えて明るくあたたかい気持ちにさせてもらえる、とっておきのお話を聞かせてもらうことにしました! まずは一篇の詩をどうぞ……。
    
     「こおろぎ」   
  
     深夜 コタツに入って
     詩を書き始めた

       私 ほんとうは
 
     と 一行書いて
     涙があふれた

     何処かで
     こおろぎが鳴いている
     泣く人遊んであげない
     コロコロ鳴いている
     こおろぎコロスケ
     明日もおいでね
     明日は笑顔で
     待ってるよ

           

「私 ほんとうは」。そのあとに続く自分の正直な気持ち、私たちの心にも次々とあふれてきませんか? 本当はもっと言いたいことやしたいことがあるのに、できないことがわかっているからこそ涙になってしまうんですよね、きっと。

ところで、一般的に3000部売れれば好調といわれる“詩集本”ですが、今年の春に出版されたこちらの詩集「くじけないで」 (飛鳥新社刊)は、なんと累計90万部というメガヒットを飛ばし続けている一冊。
早速、著者にお話をうかがってみましょう!

>>心の奥に響く詩を生み出したのは、なんと100歳になる女性でした!