【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

「モテる」の意味をカン違いしていない?

モテ女子

「どこかにイイ男、いないかなー」が口グセになっている人も要注意。モテない理由は、男性のせいばかりではないかも!

なぜか、いつも恋愛で失敗を繰り返してしまう人には共通の特徴があります。

それは、「モテる」の意味をカン違いしている、ということ。たとえば、こんなことに心当たりがある人は要注意。同じ過ちを繰り返す危険な香りが漂っています!

【恋愛で失敗を繰り返す人の3つの特徴】
□彼氏がほしいのに、男友達が増えるばかり
□長く付き合った彼氏はいても、結婚の話が出ない
□既婚者や彼女持ちからばかりアプローチされがち


これらの原因はすべて「モテる」のカン違いによるものだったんです!
今回は、前回の「結婚の別れ道?交際相手は4人目以降が「キモ」な理由」で大好評だった、早稲田大学の森川友義教授に引き続き詳しいお話をお聞きします!

好みでない相手に「ムダにモテる」原因とは?

森川友義教授

「恋愛、結婚、浮気という3つの市場を見極めるとモテ方が変わります」とは森川友義教授。恋愛を学術的に分析してくださいました!

 「モテるということをカン違いしてしまう原因は、“市場”をしっかり分類できていないという点にあるでしょう」とは森川教授。

教授いわく、「恋愛市場」「結婚市場」「浮気市場」という3つの区分けを意識して行動することが大切だとか。

たとえば飲み会に参加する場合、ただなんとなく席に座っていてはNG。「彼氏が欲しいなら恋愛市場、結婚相手を見つけたいなら結婚市場、恋人や夫は不要で単に浮気相手を求めているなら浮気市場という、それぞれの目的別で立場をハッキリさせたほうが効率よく、いわゆる“合コンの勝者”になれる可能性が高いでしょう」とのこと。

たしかに、彼氏が欲しくて飲み会に行ったのに、彼女持ちの男性からアプローチされても困るというもの。ムダにモテてもうれしくない、というわけです。

それでは、狙いを定めた市場でモテるには、どうしたらいいのでしょう?

>>次のページでは、「ムダモテ防止」に効く一策をご紹介します!