ここで「これ」が、こんな形で見付かるなんて!

Mishoeメンズシューズundefinedその1

ターン式製法を採用した、Mishoe(ミッシュ)のメンズのターンシューです。一度足入れしてしまうと、その柔らかな履き心地に夢中になること間違いなしです。これと同じ仕様で3万1500円(ミッシュ TEL:03-6458-1855)

先日、所用があって御徒町周辺を徘徊していた時のこと。「2k540 AKI-OKA ARTISAN」なる山手線高架下にある商業スペースで、靴やファッション雑貨系の職人やアトリエの商品展示・販売イベント「MONO marché」に、偶然出くわしました。

「確かにこの街の周辺は、その種の商品を扱う問屋さんが多いエリアだし……」などと思いながら、幾つかのコーナーを見ていたら、文字通り温故知新、あっと驚かせてくれる靴があるではないですか!

読者の皆さんは「ターン式」と呼ばれる底付け方法をご存知でしょうか? 世間ではあまり知られてはいないものの、この製法が存在しなかったら、今日のハンドソーン・ウェルテッド製法やその機械化対応版であるグッドイヤー・ウェルテッド製法は誕生し得なかったと断言できる、靴の歴史上極めて重要なものです。ここで発見したのは正しく、その底付け方法で作られた靴! という事で今回は、歴史上の偉業を今日の快適性に繋げる、Mishoe(ミッシュ)のターンシューに迫ります。
Mishoeメンズシューズundefinedその2

上と同じモデルでも、アッパーの色を変えるとイメージがガラッと変わります。こちらは夏場の休日に、敢えて素足でサラッと履きたい! これと同じ仕様で3万1500円(ミッシュ TEL:03-6458-1855)


次のページでは「ターン式製法」って?