1932年、ニューヨークに初となる店舗を構えたハリー・ウィンストン。彼は第一次世界大戦後以降、遺品販売の分野を開発し、遺産となった宝石を再カットして最新のデザインへ作り直すことで、数多くのダイヤモンドジュエリーを世に広めてきた人でもあります。「ハリー・ウィンストン、私にダイヤモンドのすべてを教えて」と、映画『紳士は金髪がお好き』のなかでマリリン・モンローが語ったように、いつしかハリー・ウィンストンの名は女性たちがダイヤモンドに捧げる憧れと等しい響きとなり、親しまれてきました。

そんなハリー・ウィンストンのジュエリーには、特別なときに身に着けるハイジュエリーもさることながら、女性が常にダイヤモンドとともにあるように工夫された、デイリーでカジュアルなデザインも豊富です。その代表作のひとつが、この「ループ」コレクションでしょう。
「ループ・イヤリング」

「ループ・イヤリング」(スモール)、プラチナ×ダイヤモンド、86万円


ラウンド・ダイヤモンドがなだらかにグラデーションを描くデザインは、その端正な佇まいが魅力で、宝石のエレガントな輝きを際立たせています。

写真は「ループ」コレクションのイヤリングですが、写真のスモールからラージまでを揃える豊富なサイズ展開に、ペンダントやウォッチを含めた幅広いアイテムを誇ります。自分のスタイルや用途に合わせて様々に楽しみたい、自由なコーディネートを可能としてくれるダイヤモンドジュエリーです。

■問い合わせ
ハリー・ウィンストン カスタマーインフォメーションデスク
Tel.0120-346-376
http://www.harrywinston.jp/


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。