流行の移り変わりの激しいコスメ業界にあって、長年愛され続けているロングセラー商品があります。シーズン毎に新製品が次々と登場する中、目移りしても必ずまた戻ってくる。あなたにもそんなアイテムがありませんか?
今回は、ブームでは終わらないロングセラー・コスメの人気の秘密に迫ります!

スキンケアの要、化粧水の定番といえば?

まずはスキンケアの定番アイテムといえる化粧水をチェック。おなじみ国内大手メーカーのロングセラーアイテムといえば?

ただ補うだけじゃない! 進化し続けるエイジングケア化粧水

ロングセラーコスメ1

肌質や好みの感触に合わせてI・II・IIIの3タイプあり

資生堂 エリクシール シュペリエル「リフトモイスト ローション II」
170ml/3,150円(税込、編集部調べ)

1983年、エイジングに着目したスキンケアブランドとして誕生した「エリクシール」。発売開始以来、リニューアルを重ねながら、2006年にはみずみずしいツヤによってハリのある肌へ導く「エリクシール シュペリエル」へと進化。

2010年にはさらに“お手入れをしているのに、肌が変わらなくなってきた”という女性たちの肌悩みにフォーカスした機能型エイジングスキンケアとして生まれ変わりました。

2010年秋に発売された化粧水「リフトモイストローション」はただ補うだけでなく、ハリのなさなどの原因から肌を防御する独自成分、エイジング-Xを配合。ひたひたと角層を潤いで満たし、指を押し返すようなハリのある肌へと導きます。現在はドラッグストアなどを中心に、なんと8秒に1本の勢いで売れているそう!

昔からのブランドイメージをただ守り続けるのではなく、その時代時代の女性たちのニーズに合わせて少しずつ変えていく。これこそが、「エリクシール」がヒットを続ける秘密なのかもしれません。


まだまだある! 美白系ロングセラー化粧水

その他、国内大手メーカーのロングセラー化粧水としては、こんなアイテムが。

「美白なのに“赤”」のインパクトで大ヒット

ロングセラーコスメ2

しっとりとした感触のモイスチャータイプも

カネボウ化粧品 ブランシール「ホワイトニングクリアコンディショナー」
200ml/5,040円(税込)

1989年に美白ブランドとして誕生した「カネボウ ブランシール」。1998年に発売された“赤い美白”シリーズは、「美白なのに“赤”」というインパクトで爆発的ヒットを記録し、発売後半年で売り上げ100万本を突破。

2008年にはシミにとことんこだわった「ブランシール スペリア」も誕生しています。


 

世界に認められる美白総合ブランドに成長

ロングセラーコスメ3

さっぱりとした使い心地で季節を問わず使える

コーセー「薬用 雪肌精」
200ml/5,250円(税込)

ブランドデビューは1985年。雪のように透き通った肌を連想させるネーミングと白さを際立たせるブルーのボトルで、美白総合ブランドとしてすっかりおなじみに。海外へも販路を広げ、台湾や香港、中国、韓国、東南アジア、アメリカなど、世界中で展開。

 
美白化粧水にロングヒットが多いのは、日本女性の美白好きを象徴しているかもしれませんね!

次のページでは、どこか懐かしいけれど新鮮な“レトロ・ロングセラー”コスメをご紹介します。