見た目年齢を左右するのが、シワやシミ、くすみといった肌トラブル。「今すぐ何とかしたい!」と思いますよね。そこで今回は気になる肌トラブル別に、短時間で簡単にできる時短スキンケア&メイク術をお伝えします。これできっとあなたも、年齢不詳顔になれるはず!

第5位 気になるシミは、キッチンにある●●でお手軽集中ケア

第5位

ラップを重ねて浸透率アップ!

夏の間に浴びた紫外線の影響で「以前よりシミが濃くなった気がする」と感じている方も多いのでは? そんなときは、一点集中ケアで狙い撃ち! シミの大きさに合わせてカットしたキッチンペーパーやコットンに美容液をしみ込ませ、気になるシミに貼るだけでお手軽集中パックができます。ラップを重ねれば、浸透率もアップ!

→【シミ対策】お手軽集中パックで狙い撃ち!

 

第4位 チークでくすみを一掃し、ぐいっとリフトアップ!

第4位

血色が良くなるうえに小顔効果も!

朝起きたら、顔色がどんよりくすんで見える……。そんなとき、欠かせないのがチーク。血色やツヤをプラスすることで、くすみが一掃されます。顔の立体感がアップして、小顔効果も大! ニコッと笑ったときに一番高くなる“微笑みポイント”を起点にし、頬の丸みに沿って斜め上に伸ばすのが、失敗しない入れ方です。笑いながら入れることで、笑顔の練習にもなり一石二鳥!

→【くすみ対策】所要時間20秒!時短チークの入れ方

 

第3位 ファンデーションの“毛穴落ち”をひと手間で予防!

第3位

厚みのあるスポンジで軽くトントンとたたき込んで

年齢とともに目立ってくる毛穴の開き。メイク後、時間が経つにつれてぽっかり開いた毛穴の中にファンデーションがたまる“毛穴落ち”も気になりますよね。朝のメイクで予防するには、ファンデーションを伸ばした後、厚めのスポンジを使ってたたき込むのがおすすめ。このひと手間でファンデーションが毛穴にしっかりセットされ、余分な油分がスポンジに吸い取られるので、メイクが格段に崩れにくくなります。

→【毛穴対策】毛穴レス美肌を作る時短ベースメイク術

 
 

第2位 ほうれい線や目元のシワは部分マスクで急速保湿!

第2位

部分用ならマスクしたまま家事も可能です!

口の横のほうれい線や目尻のちりめんジワは、見た目年齢を老けさせてしまうポイントです。シートマスクでうるおいを急速チャージしましょう。パーツケア用のシートを使えば手軽にケアできますよ。化粧水をたっぷりしみこませて目元やほうれい線など気になるパーツに貼り、そのまま3~5分。肌が内側からふっくら持ち上がるのを実感できるはず。

→【シワ対策】時短でできるシートマスク活用術

 

第1位 所要時間10秒! 超時短マッサージでたるみを撃退

第1位

ゆるんだフェイスラインも10秒ですっきり!

目元や頬、フェイスラインのたるみが気になる人は、美容液や乳液をなじませる時にマッサージをプラスしてみましょう。マッサージの一番の効用は、リンパの流れや血行が促進され、肌の代謝が上がること。巡りが滞りがちでむくみやくすみが目立つ朝も、肌を一気に元気づけることができます。

たった10秒でも、やるのとやらないのとでは大違い。ぜひお試しを!

→【たるみ対策】超時短! 10秒美顔マッサージ


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。