費用は高めだが、余計な手間が掛からない業者の車検
 

業者の車検

ディーラーや整備工場などに依頼する車検は、車検にまつわる諸々の手間が掛からず、クルマのコンディションもしっかりと確認してもらえることから、後々のトラブルの不安が少ないというメリットが

ユーザー車検が一般化してきたことで、車検も様々な形態から選べるようになってきました。ディーラーや整備工場などに依頼する従来型の車検、自分でクルマを陸運局に持ち込み、検査を受けるユーザー車検、さらにはユーザー車検を代行する業者に依頼するなど、様々なタイプがあります。

選択肢が増えたことで、逆にどのタイプを選べばいいのか? 悩みが増えたともいえますが、それぞれの車検の特徴を理解し、自分に合った方法を選ぶことができれば、今まで以上に納得のいく車検が受けられるのではないでしょうか。そこで、まずはそれぞれの車検の特徴とメリット・デメリットについて紹介します。

まずは各カーディーラーや整備工場などに依頼する従来型の車検についてです。大まかな傾向としては、費用はやや高めですが、クルマのコンディションをしっかり確認した上で的確なメンテナンスメニューを提案してくれるため、車検後は安心してクルマに乗り続けることができます。

多少費用は掛かっても、後々トラブルに悩まされるのは避けたいという人や車検に関する諸々の手続きなどに時間を割けないという人にはおススメです。同じところで長く付き合っていけば、車検期間中の代車やクルマの引き取りや納車といったサービスを提供してもらうこともできるかもしれません。

費用の面についても、必ずしも高くつくというわけではありません。クルマのコンディションを確認してもらい、提示してもらったメニューの中から、すぐに修理が必要なものとそれほど急を要しないものとを教えてもらい、費用のかさむ車検時には必要な部分だけとりあえず修理してもらうということも可能でしょう。

また、新車で購入した場合は、新車保障を受けるためには、正規ディーラーで点検整備を受ける必要がある場合もありますから(特に欧州車系)、そうしたケースでは必然的にディーラーに車検を依頼することになります。

次ページでは、ユーザー車検について紹介します。