園児ママの多くが勘違いしている栄養バランス

幼稚園児,弁当

あなたの作るお弁当の中身はどうですか?     イラスト提供/子どもや赤ちゃんのイラストwanpug

全国農業協同組合中央会(JA 全中)が発行する『「よい食」ニュースレター vol.3』(平成23年6月17日)によると、JAグループが取り組んでいる「みんなのよい食プロジェクト」の活動の一環として、幼稚園に通う子どもを持つ全国の母親を対象に、『幼稚園の手作り弁当に関する実態調査』を実施(調査方法=インターネット、期間:2011 年3 月26 日~3 月29 日 東北6 県および茨城県をのぞく)しました。

その結果、週3回以上子どもの弁当を用意する母親1,000人のうち、約8 割の母親がお弁当の主食・主菜・副菜のバランスを勘違いしているという結果がでました。

お弁当の栄養バランスについて、どのバランスが正しいと思っているか聞いたところ、最も好ましいとされている「主食:主菜:副菜=3:1:2」の割合と答えた人は、21.1%となり、約8 割が正しい栄養バランスを把握していないということが分かりました。
また、実際に作っているお弁当の栄養バランスについて聞くと、「主食:主菜:副菜=3:1:2」に近い割合で作っている人は6.7%しかいませんでした。
 
約8割の人の内訳は、次の通りです。
主食3、主菜2、副菜1の割合 52.0%
主食2、主菜1、副菜3の割合 9.3%
主食2、主菜3、副菜1の割合 5.1%
主食1、主菜2、副菜3の割合 1.7%
主食1、主菜3、副菜2の割合 0.9%
その他           0.5%
わからない         9.4%

主菜の割合が多い傾向が見られます。お弁当の栄養バランスは、「主食・主菜・副菜=3:1:2」の割合が適切だと考えられ、今回の調査もこの割合を採用されています。この割合は、女子栄養大学の足立己幸名誉教授と高知大学の針谷順子教授が考案された「3.1.2弁当箱法」で、農林水産省が発表している下記図の「食事バランスガイド」を参考に、わかりやすく実用的に工夫されています。

食事バランスガイド

食事バランスガイド


さらに詳しく、年齢などを考慮して適量を判断する適量チェックチャートもご参考に。東京都では、幼児の適切な食事内容や量を分かりやすく示した「東京都幼児向け食事バランスガイド」を示しています。

それではどのようにすれば、栄養バランスのよいお弁当を簡単に作れるのでしょうか? 次のページでご紹介します。