銀座に移転したVick Tailor

ヴィックテーラー

新しいアトリエです。こちらが作業スペースです

以前紹介したことがあるVick Tailor(ヴィックテーラー)が6月23日に移転しました。場所は銀座の昭和通りを越えたところで、これまでよりも利便性が良くなりました。

前のアトリエは太陽光がたっぷり降り注いでいましたが、現在のアトリエはマンションの7階ということもあり、適度に明るくて落ち着いた雰囲気です。この方が生地の正確な色がわかりやすいかもしれません。店内の奥が作業スペースになっています。

ヴィックテーラー

反物の生地も揃っています。おすすめはH・レッサー

オーナーの近藤卓也さんの手掛けるビスポークスーツは手縫い部分が多く、着やすさとエレガントさを併せ持っているのが特徴です。基本的には英国のクラシックな佇まいなのですが、着心地はイタリア的というか、軽快感があります。

これまでビスポークのみでしたが、セミビスポークパターンオーダーも展開しているので、オーダーする選択肢が増えました。パターンオーダーのベースとなるパターン(型紙)は近藤さんが自ら引いたものです。パタンナーとしても優秀な方なので安心感があります。

秋以降のおすすめの生地を伺ったところ、デッドストック生地ではH・レッサー、現行生地ではドーメルのアイス(フランネル)だそうです。ビスポークの2ピーススーツ仕立てると、それぞれ32万円位、33万円位。

予約は必要ですが、銀座へ遊びにいったときに立ち寄ってみたいテーラーです。基本的な価格は以下の通りです。参考にしてください。

■ビスポーク
2ピースのスーツ:31万9000円~
■セミビスポーク
2ピースのスーツ:19万9000円
■パターンオーダー
2ピースのスーツ:12万2000円

【SHOP DATA】
Vick Tailor
住:東京都中央区銀座2-12-4 アジリアJ’s 701
TEL:03-5565-1525
営:11時~20時
休:水曜(要予約)
HP:www.vicktailor.jp


【最近の記事】
さり気なく惹きつける、魅惑のレッドライン!
新たな木型で挑戦する英国靴の老舗チーニー
ちょっとエレガントなクールビズ・シャツ



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。