ブーツの修理工房として人気のBRASS

brass

デンマーク製の出し縫い機で作業中の松浦さん

靴修理の工房として高い人気を誇るBRASS(ブラス)。このお店の特徴は、ドレスシューズからトリッカーズのカントリー、レッドウィングのワークブーツ、さらにハードなモーターサイクルブーツまで、幅広く対応してくれるところが魅力です。しかもリペア(修理)だけでなくて、カスタムにも対応し、技術的にも申し分なし。

代表の松浦稔さんによれば、「リペアが元の状態に戻すのに対して、カスタムはヒールを高くしたり、違うソールに交換するなど改造することで、以前よりもその靴の魅力を引き出すことを心掛けている」そうです。

中でもカスタムの中心はレッドウィングやウエスコなどのブーツ系。たとえば、コバの張り出しを大きくして、出し縫い糸をダブルステッチ仕様にしたり、アイレットの一番上を真鍮製のフックに交換するなど、カスタマイズするバリエーションは豊富です。

brass

気に入ってしまった赤のダイナイトソール

個人的に興味を抱いたのが、赤のダイナイトソールです。最近ホワイトバックスのソールでチラホラ見かけますね。赤といってもレンガ色に近く落ち着いた雰囲気だし、雨の日にいいかなと思っています。

ホワイトバックスやダーティーバックスのソール交換のときにお願いしようかなと思っています。ちなみに赤のダイナイトソールの交換は1万5750円。

【SHOP DATA】
BRASS
住:東京都世田谷区代田5-8-12
TEL:03-6413-1290
営:12時~20時
休:水曜
HP:www.brass-tokyo.com

次のページではヴィックテーラーの新店舗をご紹介します。