これから社会人になる人のためのスーツの選び方の基本を解説しますね。スーツのことがよくわからない人にとっても役立つはず。

柄について


はじめてのスーツ選び
グレーのチョークストライプのスーツは一着あると便利。このくらいの太さのストライプがいい。これ以上太くなるとコーディネートしにくくなる。

ビジネススーツの基本色はネイビーグレー。明るい色よりもダークなほうがドレッシーで、とくにネイビーの無地はフォーマル度が強くなる。

ブラウンやグリーン系はカントリーウエアの色なので、本来はビジネスには適さない。ジャケット&パンツのときはもちろんOK。

無地以外ではペンシルストライプチョークストライプ、オルタネイトストライプなどがある。また、遠めから無地に見えるシャドーストライプはコーディネートしやすい。

はじめてのスーツ選び
ネイビーのチョークストライプになると、グレーよりも少しドレッシーな感じになる。とくにフランネル地のチョークストライプは美しい。

ビジネスに適したチェックもあり、シェパードチェックグレナカートチェック(通称グレンチェック)といったスコットランドの伝統柄も魅力である。内羽式の黒のフルブローグがけっこう似合う。

初めての本格的なスーツなら、無地かストライプがおすすめ。チェックは2着目以降でもかまわない。色はグレーかネイビーのどちらでもかまわないが、コーディネートの楽な少し濃いめがいいだろう。

ネイビー系でもインクブルーと呼ばれる青みの強い色はコーディネートが難しいので避けたほうがいい。

意外と難しいスーツのフィッティング


はじめてのスーツ選び
無地のネイビースーツはドレッシーな雰囲気を出したいときに最適。モデルはバタクハウスカットの方です。最近ショップが梅田の阪急百貨店メンズ館にオープンしたみたいです。個人的にはこのブランドのケイリー・グラントモデルはビジネススーツに向いていると思います。

靴の場合は足に合っていないと痛かったり、ゆるかったり、素人でもわかりやすい。英国既製靴なら木型の番号もわかりやすいため、自分の足型に合った木型を探せばいいわけだ。

その点スーツは体に合っているのかどうか、どうもわかりにくい。靴のように痛みとなって脳に信号が送られないし、小さすぎるのかジャストフィットなのか、大きすぎるのか美しいシワなのかもわからない(笑)。

経験上、「ちょっと脇の下がきつめかな」「前ボタンが留まりにくいな」「肩が動かしにくい」と思ったら、それはサイズが合っていない証拠。サイズというよりもスーツの型紙と体型が合っていないということだ。

既製スーツの場合、適度にゆとりがあることが“体に合っている”ということ。

グッドイヤーウエルト製法の靴のフィッティングは、履いていると中物のコルクが沈むため、最初はきつめをすすめることが多い。

そのフィッティング感覚をスーツに適用してはいけない。←こんな間違いをするのはボクだけかも(笑)。

ショップで購入する場合は、店員さんにサイズを選んでもらって、デザイン(型紙)の違うスーツを何着か羽織らせてもらうとよい。そのなかで一番いい感じのものを選ぶことだ。

次のページは、「こんなスーツは選ばない」です