ネモのサンドイッチ

「サンドイッチは素材の組み合わせ方、色合いやバランスなど、一皿の料理のように味わえるものにしたいんです」根本さんは言います。

カフェメニューの「パニーニ・パルマ」(500円)はローズマリーのフォカッチャにパルマ産の生ハム、モツァレラチーズ、ルッコラをたっぷりと贅沢に挟んだサンドイッチ。
「カフェメニューは、うちのパンを使ってこういうものが作れますよ、というメッセージでもあります。気軽に楽しんでほしいですね」

そして売り場に並んだばかりのガーリックフランスパン「フィセルオライユ」を指さして、「これなんかも、ジャガイモの焼いたのやソーセージを挟むと、旨いんです」。次から次へとおいしい食べ方が出てくる。これは作るだけではなくて自分でも存分に楽しんで食べる人ならではの言葉に違いありません。
BLTサンド(500円)は胚芽15%の香ばしいパンの薄切りとたっぷりのベーコ  ン、レタス、トマト。

BLTサンド(500円)は胚芽15%の香ばしいパンの薄切りとたっぷりのベーコ ン、レタス、トマト。


ネモの菓子パン

ベーシックな食事パンはもちろんのこと、お惣菜パンにはどれもひと手間、手がかかっていておいしいのですが、スイートなパンも忘れてはなりません。
エスプレッソ(400円)

エスプレッソ(400円)

エスプレッソの食パンは先のクラブ・ド・サントノーレのセミナーではラスクとして登場した人気商品で、コーヒーを飲む以上にコーヒーの香りを楽しめるパンです。上部はコーヒー豆の形をかたどっているそうです。

クロワッサン生地にコーヒークリーム、洋梨、ブラウニーまで乗ったキャラメルポワール」(280円)はデセール感覚。小さなパンの中に洋菓子の世界があります。

クロワッサン・オ・ザマンドにはリンゴのプレザーヴが、パン・オ・ショコラ・オ・ザマンドにはオレンジのシロップ漬けが入っているところもネモならでは。ちょっとしたところにお楽しみが隠れています。
サクサクの層が軽やかなレモンパイ(280円)

サクサクの層が軽やかなレモンパイ(280円)

サクサクの層が軽やかな「レモンのパイ」はどこかイタリア風の味わい。
タルト・シトロンで使うようなクリームが、濃いエスプレッソによく合いました。

朝食に、ランチに、仕事帰りの一杯に。いろいろなシチュエーションで楽しめるネモ ベーカリー&カフェ。2011年8月10日から17日までは夏季休業です。
食べ切りサイズのシンプルな食事パン各種と人気のクロワッサン

食べ切りサイズのシンプルな食事パン各種と人気のクロワッサン


ネモ ベーカリー&カフェ

ネモ ベーカリー&カフェ

ネモ ベーカリー&カフェ
住所 品川区小山4-3-12 TK武蔵小山ビル1F
電話 03-3786-2617
営業時間 9:00~23:00 水曜定休
東急目黒線武蔵小山駅 東口徒歩2分
Yahoo!地図情報


【関連記事】
根本孝幸さんの提案するイタリア風パンの愉しみ

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。