ロジカルシンキング基本 3つの論理パターン

ロジカルシンキングの基本3論理を学ぼう

ロジカルシンキングの基本3論理を学ぼう

ロジカルシンキングとは、ロジカル(論理的)にシンキング(考える)という2つの意味を組み合わさせた言葉です。では論理的とはどういうことなのでしょうか。

論理は理性とも呼ばれ、アリストテレスの時代から西洋の哲学によって発展してきました。その長い歴史のなかで、3つの基本的な論理が生まれています。これがロジカルシンキングにおいても基礎となる考え方です。

  • 演繹法
  • 帰納法
  • 弁証法

この3つの論理を理解し、場面によって応用できるようにしたいものです。本記事では、これらの3つの論理について簡単に解説します。

論理を積み重ねていく「演繹法」

学校でいちばん最初に習う考え方「××だから、○○である」というのが演繹法の論理です。

演繹法は、数学的な考え方。だれもが疑いようのない自明な公理から出発していき、論理を積み重ねることによって、複雑な結論にいたります。古代ギリシアの哲学者アリストテレスの思考法ともいわれ、その論法は3段論法とも言われます。

大前提: すべての人間はいずれ死ぬ
小前提: 私は人間である
結論: 私も、いずれ死ぬ

大前提: 2で割り切れるものは偶数である
小前提: 40は2で割り切れる
結論: 40は偶数である

という形をとるので、これは数学の論理を発展するときに近い感じです。

演繹法の落とし穴

論理を作るのが簡単であるため、多く使われる手法ではありますが、反面落とし穴も存在します。

■論理が長くなりがち

「××だから、○○である」を続けていくとどんどん長くなっていき、結論にいたるまでに大量のステップが必要になってきます。ビジネス上の説明では、せいぜい論理は3段くらいまでにしたいところ。何段階にもわたる複雑な論理ステップは、相手の理解が追いつきません。

■論理が飛躍しがち
論理を積み重ねていく間に、たった1ヶ所でも論理的につながっていない箇所が存在すると、結論が間違ったものになってしまいます。

たとえば、数学の論文では100ページを超えるようなものが長い論文がありますが、その100ページのなかで、たった1行でも論理的に間違っている箇所があると、結論は全く成り立たなくなってしまうのです。そうした脆さがあります。