MECE(ミーシー)とは、どんな意味?

MECE

MECEはロジカルシンキングの基本

ロジカルシンキングを学ぶと必ず出てくるキーワードのひとつに、MECEというビジネスフレームワークがあります。これは、ミーシーと発音し、
  • Mutually
  • Exclusive
  • Collectively
  • Exhaustive
の頭文字をとったものです。日本語に訳すと、「互いに・モレがなく/全体に・ダブりがない」という意味になります。

MECE(ミーシー)を活用することによって、正しく全体像を捉えているかどうかを認識することができます。どういう場合が「MECE(ミーシー)でない」ことになるのでしょうか? そしてMECE(ミーシー)でないことで何が問題なのでしょうか? 例をあげて解説します。

問題解決に使えるMECEの使い方

「ダブりはないがモレがある」例

MECEの例

ダブリはないがモレがある例

例えば、携帯電話ショップに来店するお客さんについて考えています。来店者をいくつかのカテゴリに分類することを考えてみましょう。右図では来客者を「新規のお客様」「機種交換のお客様」の2つに分けています。

となると、解約のお客様はどうなるの? となります。これが典型的な「ダブりはないが、モレがある」例です。来客者の全体像を捉えられていないのです。

■「モレはないがダブりがある」例

モレはないがダブりがある

モレはないがダブりがある

次が、モレはないもののダブりがある例です。同じく携帯ショップの来店者の分類の例で考えます。

右図は「新規のお客様」「既存のお客様」「スマートフォン利用のお客様」の3つで分けています。新規と既存であらばMECE(ミーシー)なのに、スマートフォンのお客様が入っていることによって、ダブりが生じています。スマートフォンのお客様は「新規のお客様」にも「既存のお客様」にもいるからです。

■「モレもダブりもある」例

漏れもダブりもある例

漏れもダブりもある例

さらに、モレもダブりもある例です。これは旅行市場の分類です。どの市場に力を入れていくか、といった議論をしている、と仮定しましょう。

この分類では、「海外旅行市場」「個人旅行市場」「法人出張市場」の3つにターゲットを分けていますが、これはモレもあればダブりもあります。海外旅行と個人旅行はダブっていますし、海外旅行と法人出張もダブっています。さらに国内旅行がモレてしまっています。このような抜けモレがあると全体を把握できず、部分的な議論になってしまいます。

■「モレなくダブりない」=MECE(ミーシー)の例

MECEになっている例

MECEになっている例

最後に、正しくMECE(ミーシー)になっている例をあげます。再び旅行の例ですが、国内旅行と海外旅行という地域の軸で分けて、さらにそれを法人需要と個人需要で分けました。4分割されています。いわゆる2x2のマトリクスになっているわけです。

これならモレもダブりもありません。市場全体を捉えることができていて、さらにマトリクスになっているという分け方です。

MECE(ミーシー)でないと何がまずいのか?

よくあるまずいターゲティング

よくあるまずいターゲティング

ロジカルシンキングの教科書などでは、「MECE(ミーシー)を徹底せよ」と書かれています。なぜMECE(ミーシー)にでなくてはいけないのでしょうか?

よくあるまずいターゲティングの例を紹介します。「携帯電話の販売強化」というテーマで議論しているとしましょう。どのような相手に対してどういう販促が効果的か? といった話です。MECE(ミーシー)によるモレとダブりを認識していない場合は、思いつくままにターゲットが出てきてまとまらなくなってしまいます。

この例では、「ファミリー市場」は「20代社会人」「シニア市場」とダブっていますし、「スマートフォン」もしかりです。さらに、30代以上の社会人市場や法人市場がモレてしまっています。モレもダブりもある例です。

このような議論をしているときにMECE(ミーシー)の考え方をきちんと理解していないと、自分たちがモレやダブリのある議論をしていることに気づかないことが問題です。「MECE(ミーシー)を意識していない」ということは「全体像をつかめていない」ということです。

もちろん、全体像を捉えた上で「法人市場は力を入れない」という結論に至ることに問題はありません。「はじめから法人市場を検討から漏らしてしまう」のと「全体を捉えた上で結論に至る」のとでは意味が違ってきます。

MECE(ミーシー)を使って論理的に考えるコツ

MECE(ミーシー)の本質は「全体を捉えた上で、いくつかの分類に、正しく分けること」です。その際のカギは「どういう視点で分けるのか」「どういう切り口で分けるのか」です。

携帯電話市場の例で言えば、「20代」「30代」「シニア」というのは、”年齢”の切り口です。「スマートフォン」「ガラケー」は”携帯のタイプ”の切り口です。「個人」「法人」という切り口もあります。「ファミリーで使う」「恋人で使う」「仲間で使う」という”用途”の軸や”ライフスタイル”の軸もあるでしょう。

全体を分類するには、いろいろな切り口があります。目的に沿って、どの切り口を使って分けるかが大切になります。また、複数の切り口を混在させると、モレやダブりが生じます。

MECE(ミーシー)ロジカルシンキングの基本

MECE(ミーシー)はロジカルシンキングの基本中の基本です。

たとえば問題解決手法である「イシューツリー」をつくる場合も、大きな問題を小さくに分割するときにMECE(ミーシー)を使うことが必要になります。「2x2のマトリクス」もロジカルシンキングの応用としてよく使われる図解ですが、これも全体を2x2で4つに分類するというMECE(ミーシー)の考えの延長にあります。

ロジカルシンキングを応用していく際には、あらゆるところにMECE(ミーシー)が顔を出します。ロジカルシンキングを本当に身につけようと思ったら、まずはMECE(ミーシー)を使った思考法が大切になるのです。

【関連記事はこちら】

ビジネスパーソン必須!「ロジカルシンキング」とは?

ロジカルシンキングの代表的な手法とは?

ロジカルシンキング4つの問題解決プロセス




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。