沖縄の台風

曇空

今にも雨が降ってきそうな沖縄の空。台風の時はとにかく風が強く吹く

沖縄旅行で頭を悩ませるのが、台風のこと。夏の沖縄は梅雨開け直後の10日間を除けば、いつ台風に遭遇してもおかしくないもの。沖縄旅行のトップシーズンでもある7月~10月というのは、ずばり沖縄の台風シーズンでもあるのです。といっても台風は誰にも予測ができません。遭遇するかしないかは、運次第。私たち旅行者にできることは、旅のプランを立て始めた時から、とにかく台風にあたりませんようにと神様に祈ることだけなのです。運よく無事に沖縄旅行が敢行できればそれはラッキーと胸を撫で下ろすところですが、もしも台風に当ってしまったら?! そんな気になるもしもに備えて、沖縄旅行での台風のことをお話しましょう。

<関連記事>
台風に足止めされたら!雨の沖縄・那覇観光プラン
雨の沖縄の過ごし方
雨の沖縄旅行、オススメコース(前編)
雨の沖縄旅行、オススメコース(後編)

出発前に沖縄で台風が発生した場合

曇り空のビーチ

太陽がないと沖縄のビーチの本来の美しさを楽しむことができない

まずは、沖縄旅行出発前に沖縄で台風が発生した場合のことについてお話しましょう。楽しみにしていた沖縄旅行。残念ながら出発前に沖縄で台風発生の情報が。こういう場合はまず旅行のチケットを購入した航空会社もしくはツアー会社に問い合わせをしましょう。

出発予定日に飛行機が飛ぶのか飛ばないのかの確認と、自分が持っているチケットがどういった種類のものであるのかを知っておくためです。台風の進路や速度は予測が難しいため、多くの場合、ハッキリと欠航が決定しているケースは少ないのですが、直撃型が予想される台風の場合、翌日の予定くらいは出ているはずです。出発予定日に欠航が決定された場合、当然ですが沖縄旅行は中止となります。これはとても残念ではありますが、飛行機自体が飛ばないのですから仕方がありません。またこういった場合は航空券の払い戻しが可能。ツアーの場合は日程の変更やキャンセルなど(ツアー会社によって詳細は異なると思うので、要確認)ができるので、沖縄旅行は完全に仕切り直しと思えばよいでしょう。

ややこしいのが、飛行機が飛ぶかどうか当日になってみなければわからない、という場合。この場合はとにかく当日荷物を持って空港まで行かなければなりません。台風の時期によくあるのが、条件付きフライト。条件付きフライトとは、到着地の状況によって着陸できるかどうか判断するというもの。最悪の場合は、出発地の空港に戻ってくることになります。この条件付きフライトの場合は、変更不可な安いチケットやツアーの場合でも搭乗の際、目的地に到着できない可能性もあることに同意しなければならないので、搭乗しないという選択もできるのです。

ここで考えなければならないのが目的地の状況。自分の最終目的地が沖縄本島なのか、離島なのか、石垣島なのか宮古島なのか、ということとその目的地の天気や交通状況を考えなければなりません。速度が速い台風の場合は、台風が通り過ぎてしまえばあとはもう台風一過となって天候は回復。海の荒れが収まるまでには数日かかりますが、とりあえず天気はなんとかなります。が、ゆっくりとした速度の台風の場合はとりあえず飛行機が飛ぶようになったといっても、天気はまた別の話。またちょうどフライトが、いわゆる台風の目に当る部分と合わさったため、発着可能になるということもあります。なので、最終目的地の天候状況を予測した上での判断が必要となるのです。

楽しみにしていた沖縄旅行ですが、なんとか飛行機が飛んで目的地に到着してもあいにくな天気の中で過ごすのであれば、思い切って今回は見送って、日程を組み直すという選択も潔くて有効だと思います。またそういったギリギリの状況で、なんとか飛行機が飛んで沖縄へ行った場合には、離島へ行く予定の人は船便の欠航など可能性が大なので、改めて自分の日程を考え直す必要があるでしょう。台風によって予定を変更した人たちが多い場合、那覇などはホテルやレンタカーがいっぱいになってしまうことがあるので、台風の場合に限って、自分の予定変更に伴って必要なことがある場合はできるだけ事前確認を基本に行動するとよいでしょう。