台風に遭った場合の過ごし方

そして、幸か不幸か帰りの日程などには問題なく、とにかく沖縄滞在がバッチリ台風に当ってしまったという人。台風を前にして人間はなす術がありません。これはもう台風の沖縄を体験してみる、しかないでしょう。台風と言っても直撃なのかそうでないのかによってもまったく状況は異なります。

直撃に出くわした場合、もしくは出くわしそうになった場合、絶対的にホテルや宿の人の指示に従って行動すること。自分でできることとしては、飲み物や食べ物などの用意をしておくことや、停電に備えて電話の充電をしておくなど。

直撃ではない場合は、天候の様子を見ながら場合によっては多少外出も可能でしょうが、無理は絶対に禁物。あくまでも島の人たちの助言に沿った行動を。那覇に滞在しているのであれば、買い物や映画を楽しむということもできますが、それ以外は大人しく過ごすしかないでしょう。宿の人や他の旅人と一緒に昼間から泡盛を飲んで過ごすというような時間もまた、沖縄旅行の旅の思い出ということで、ぜひ晴れた沖縄のリベンジ計画でも練ってください。
雨に濡れた緑

雨に濡れた緑。雨があるからこそ、生き生きとした島の生命体があることに気づく

ということで、もしも沖縄で台風にあったら?のお話、結論として、台風にあったらそれはそれで仕方がない、というところに着地します。それでも迅速な行動を取るか、取らないかで、足止めを食らうかどうか違ってくることもあるので、とりえあず出来る限りのことは自分でする。後は運を天に任せる。これが沖縄で台風にあった時の対処法です。皆さんが沖縄で台風に直撃されないことを祈っているガイドですが、もしも思いっきり台風にぶつかるようなことあれば、それはそれでまた今度はピーカンの時の沖縄に会いに来てねというメッセージだと思って、乗り切ってくださいね。

■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/7/1~2021/7/31まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。