LED’sシームレス 

SO-LEDF

写真7.屋外仕様のSO-LEDF

現在は、LEDタイプのシームレスラインも販売されており、屋内用のLED‘sシームレスでは、配光を300度で拡散するタイプと、直下により明るさが出るタイプを選ぶことができます。ランプの長さは30cmから1.5mの6種類で、色温度も5種類用意されています。

 
SO-LEDF

写真8.屋外仕様のSO-LEDF

屋外で使用できるSO-LEDFでは、防沫形(IPX4)で、水没しない限りは、雨がかかる場所への設置が可能です。(写真7)

公共空間などの屋外照明では特に、メンテナンスが行き届かず、設置から数年すると歯抜け状態で点灯している例も多くみられるため、LED化のメリットが大きい場所でもあります。

屋外型のSO-LEDFは、写真8のように、植栽やベンチ下、手摺などにも設置でき、効果的な演出ができると思います。

ランプや器具の詳細につきましては、DNライティング株式会社のHPをご覧下さい。 

【関連記事】
「心地よい間接照明とは?」
「建築と一体になる 住宅照明」
「照度以上に明るく見える住宅照明」

匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。