そもそも「ルーメン(lm)」ってなんのこと?

「ルーメン(lm)」とは、簡単に言うと、光の量の単位。数値が多いほど明るくなります。
(記事「ライフサイクルに合わせる!LED照明の選び方」でも解説しています)

01001033

LEDの場合はルーメン(lm)という単位で明るさを比べる

照明器具をLED照明器具へ交換しようとした場合、ぜひ、このルーメン(lm)という単位を知っておいてほしいのです。なぜかというと、LED照明の明るさはルーメンで表記されているからです。

LEDの明るさはルーメン(lm)で比較する

これまで照明器具を選ぶ時に目安にしていたのは、Wで表記されている「ワット」ではなかったでしょうか。例えば「40Wより60Wのほうが明るい」というように、ワット数が大きいほど明るいとして、白熱灯や蛍光灯を選んでいたと思います。

もちろんこれは間違いではないのですが、実はこのワット(W)は「消費電力」のこと。LEDはもともと消費電力が少ないので、ワット数でLED照明器具を選ぼうとすると、数ワットから十数ワットという小さな数字で表記されているため、どれを選べばいいのか迷うかもしれません。そこで、ルーメン(lm)で選ぶことになります。これまと同等の明るさをLED照明器具で得るには、以前の照明器具のワット数が何ルーメン(lm)になるかを確認する必要があるのです。

例えば、リビングの照明をLEDランプに交換しようとする場合、既存のランプのワット数を調べて、それに相当するルーメンの値をもつLEDランプを選ばなければ、交換前と同等の明るさは得られません。

ちなみに、一般電球の60W形は810ルーメン(lm)といわれています。何ワットが何ルーメンに相当するか、詳しくは下記の表をご覧ください。

何ワットが何ルーメン(lm)に相当するか、基準となる数値を表した表

何ワットが何ルーメン(lm)に相当するか、基準となる数値を表した表(クリックで拡大します)


照明器具は部屋の大きさに合った明るさのものを選ぶ必要がありますが、LEDシーリングライトの場合、メーカーのカタログや家電量販店などの店頭で、適用畳数の表示をしています。ただ、下の表に示したように、同じ広さの部屋に適したLEDシーリングライトであっても、実際のルーメン(lm)の数値には、幅があります。

LEDシーリングライトの適用畳数の表示基準

LEDシーリングライトの適用畳数の表示基準


このように、ランプ形状や器具によってもルーメンの数値は細かく変わってきますので、交換の際には、以前のワット数だけではなく、LEDにした場合に必要なルーメン数をよく確認することが大切です。

ルーメン(lm)に加えて、次ページではもうひとつ、
知っておいてほしい言葉について説明していきましょう>>