家の照明をすべてLED照明にできる

種類の多いLED

いろいろなLEDがあるので、住宅の照明をすべてLEDにすることも可能

LEDには、さまざまな種類のランプや照明器具があります。恐らく、みなさんが考えているより、ずっと種類が多く、家すべての照明器具をLEDにすることも可能です。

具体的には、リビングなどに多く設置されるシーリングライトから、食卓などを照らすペンダントライト、低めの光源で室内を演出するフロアスタンドのほか、ダウンライトやスポットライト、玄関灯、門灯やガーデンライトなどがあります。

新築やリフォーム、引越しの際はもちろん、ちょっと部屋の雰囲気を変えたいというときも、照明器具をLED照明に交換してみてはいかがでしょうか。

調光・調色で「明かり」を調整。部屋の雰囲気もガラッと変化

LEDの照明器具には、「調光」という機能が付いたものが多くみられます。調光とは光の明るさを調節すること。調光機能付きのLED照明器具なら、ほとんどの製品で0~100%まで自由に調節することができます。

明るい部屋が好きだけれど気分によっては明るさを変えたいといった自分の好みや、必要に応じて随時調光することができるのです。調光によって無駄な明るさを抑えることにつながるため、知らず知らずのうちに省エネになっていたということもあり得ますね。

また、センサー付きの調光機能のある照明器具なら、自動的に照明の明るさを調節してくれます。昼間のように外部が明るいときは部屋の明るさを落とし、暗くなってきたら明るくするなど、外部の光を器具についているセンサーが感知。自動で照明の明るさを調節するので、面倒なことはありません。
調色機能がついているLED照明器具であれば1台で色が変えられる

調色機能がついているLED照明器具であれば1台で色が変えられる

もうひとつ、知っておいてほしいのが「調色」。照明の光には、上画像のように寒色(昼光色)から中間色(昼白色+電球色)を経て、暖色(電球色)まで色味があります。この照明の光の色を変えることが調色で、これを簡単にできるのはLEDならでは。リモコン操作で照明の光の色を自在に変えることができるものが多くなっています。

この調光と調色という二つの機能を使えば、朝は昼光色で明るめにして、夕方から夜にかけては電球色でやや抑え気味にするなど、ボタン操作一つで変えることができるんです。くつろぎや食事といった生活の場面のほか、嗜好や年齢によって光の色や明るさを変化させれば、同じ部屋でも大きく雰囲気を変えることができますよ。

次ページでは、快適性を損なわず省エネできる方法についてご紹介していきましょう。