センセーションを起こしたイージートーン

あああ

ブームを起こしたイージートーン

日本で火をつけたのは、リーボックの「イージートーン」。ヒール部とフォアフット部のソールが丸みを帯びて不安定なことに加えてふわふわしたクッション性があり、バランスボールの上に乗っているような不安定さです。
なぜジムでのトレーニングに相当するような効果を期待できるかというと、理由はそうした不安定さにあります。

筋肉強化もダイエットも

こうしたトーニングシューズは不安定であるがゆえに、一般のシューズでは使うことのないバランスを保つための筋肉も使います。ふくらはぎ、大腿筋はより多く。また、腹筋、足裏、背筋、そして体幹部の筋肉も使うでしょう。さらにバランスを取る運動神経も使います。バランス感覚も鍛えられることになります。筋肉を使うということは、エネルギーも消費するわけですから、フィットネス効果も期待できることになります。

製品としては、先発のリーボック「イージートーン」、そしてゆる系のクロックスは全米で人気の「クロックス トーン」を3月11日に発売開始、ニューバランスはバランスボードに乗った感覚をうたった「トゥルー バランス」を発売しました。

ラウンドタイプも続々登場

また、ソールが前後に丸みを帯びたラウンドタイプのシューズが数社から出ています。ソールが丸みを帯びていることによって、自ずと足裏をローリングさせて歩幅も広がり、正しいフォームになり、エネルギーも消費するというわけです。左右への揺れは制御しています。

スケッチャーズから、ランニング、トレイル、エクササイズ、ウォーキング等目的別に6シリーズ、ニューバランスから「ロック&トーン」シリーズが発売されています。

タイプによって異なる効果

では、どのくらいのエクササイズ効果があるのか? というと、「ヒップ、太ももの後、ふくらはぎ」の三箇所の筋肉が使う量が、バランスボールに乗った感覚のイージートーンの場合、「28%、11%、11%」(米国デラウエア大学の実験結果による通常シューズ(Reebok HEX Express)との比較検証結果)とアップ、ラウンドソールのスケッチャーズの場合「24%、18%、23%」と発表しており、かなりの差異が見られます。この二つのデータは、比較した対象が異なっているほか、着用期間も異なるでしょうから、単純に比較することはできません。ただ、鍛える目的の筋肉によってどちらを選ぶほうがよさそうか、という目安にはなるでしょう。このデータだけから判断すれば、ヒップをあげたいならイージートーン、脚全体を引き締めたいならスケッチャーズということになるのかもしれません。

クッションの良さと安定・安全性能を追求してきたランナー向けシューズの、足に対する過保護状況にアンチテーゼを掲げるこれらのシューズを、上手に利用してください。