作り方の手順

アクセサリーケース作り方1

ポッケとリングホルダーを準備

1:布の裏に縫い線を下書きし、縫い代を取って布を裁ちます。ポケットとリングホルダーの縫い代を、裏側に折り、アイロンをかけておきます。

 

アクセサリーケース作り方2

ポケットの入れ口を縫う

2:ポケットの入れ口(画像の赤い点線)を縫います。

 

アクセサリーケース作り方3

リングホルダーを縫う

3:リングホルダーを半分に折り(型の点線)、画像の赤い点線箇所を縫って、リボン状の物を準備します。

 

アクセサリーケース作り方4

内側になる布に、ポケットを付ける

4:内側になる布の表側に、ポケットを仮止めします。リングホルダーを付ける位置(型のウの位置)から、それぞれ1cmほど離れた所に、ポケットの下の線があります。位置を確認したら、ミシンでポケットの入れ口以外の周囲を縫います。お好みで、ポッケに仕切りをつけます。

 

アクセサリーケース作り方5

入れ口になる縫い代を縫う

5:本体の裏地と表地の重なりを利用して、収納スペースを作ります。型のエの箇所です。入れ口になる箇所を、三つ折りにして縫っておきます。今回は縫い代を1.5cmにしていますが、慣れない方は、ここの縫い代はもう少し余分にとってください。

 

アクセサリーケース作り方6

リングホルダーを仮縫い

6:リングホルダーを、画像のように仮縫いします。

 

アクセサリーケース作り方7

本体を中表に合わせ、周囲を縫う

7:布の表が内側になるように、本体の2枚の布を合わせます。入れ口(画像矢印の、手順5で縫い代を縫った辺)以外の周囲を縫います。縫い代が気になる方は、周囲にジグザグミシンなどをかけておきます。

 

アクセサリーケース作り方8

表側にひっくり返す

8:空けておいた入れ口から、布を表側にひっくり返します。

 

アクセサリーケース作り方9

周囲と各区切りの線を縫う

9:リングホルダーを、本体の向きにたたみ、本体の周囲に、端ミシンをかけます。端ミシンが無理な場合は、リングホルダーの下(画像赤い点線)を、返し縫いします。各スペースを区切る型の赤線(画像、黒の点線)にミシンをかけます。

 

アクセサリーケース作り方10

スナップボタンを付ける

10:リングホルダーを留めるためのスナップボタンと、本体をたたんだ時のスナップボタンをつけます。他にもお好みでポッケなどにもスナップボタンを付けてください。 スナップボタンの付け方は「スナップボタンとかぎホックの付け方」を参考にしてください。

 

アクセサリーケース作り方11

マジックテープを利用しても

11:本体の表地と裏地の重なりを利用した収納スペースには、マジックテープを付けました。 スナップボタンでも、大丈夫です。

 

アクセサリーケース作り方12

リボンを付ける

12たたんだ時に、裏側の中心になる位置に、リボンを縫い付けます。必要なければ、付けなくても。

 

アクセサリーケース作り方13

たたむ途中は、こんな感じ

13:型の赤線で折るようにして、たたみます。 アクセサリーを実際に収納すると、少しふくらむので、スナップボタンを付ける位置に注意してください。

 

アクセサリーケース作り方14

出来上がり

14:広げると、こんな感じ。ポケットが2つ、スナップボタンを付けたリングホルダーが一つ、表地と裏地の重なりを利用した収納スペースが一つあります。

 




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。