ピザ・パスタを食べると太る?その理由とは

パスタ

クリーム系パスタは、控えめに!

ずばり、ピザやパスタは太るのか。その答えは「メニュー選びや食べ合わせ、食べる量を工夫すれば太りません」となります。その各論に向かう前に、まずはダイエッターが気になる炭水化物問題について、解説したいと思います。



ピザ・パスタ・パン……炭水化物はやっぱり太る?

ダイエット中は控える人が多い、ピザやパスタ、パンやご飯の炭水化物。その働きはエネルギーになるものだから、控えたら痩せそうなイメージは強いのでしょうか。

では実際、炭水化物は太るのか。その答えも「適量食べる分には太りません!」となります。細かな諸説は様々あれど、結論から申し上げるなら、どんなに身体に良い成分を含むものも食べ過ぎたらカロリーの摂りすぎになり太るということ。同じ論理で言えば、炭水化物はそのものが太るわけではなく、食べ過ぎたら太るだけのことです。ダイエッターに人気の鶏肉や豆腐、豆乳やヨーグルトだって、必要なカロリー(エネルギー)を超えて食べたら太るのと同じです。


炭水化物抜きをずっと続けると生活習慣病の原因に!?

それでも、炭水化物カットというのがわかりやすいからか、炭水化物抜きダイエットをする人も多い様子。全体の食事量を減らしてカロリーカットしているわけなので、当然痩せると思います。でも実は長い目で見ると、炭水化物抜きは生活習慣病の原因を作ってしまう原因にも。炭水化物は満腹感を感じやすい性質があるので、同じ空腹感を埋めるためには、おかずだけでは脂質やたんぱく質の摂りすぎになり、注意が必要なんです。

健康を維持するための目安として、一日に必要なエネルギーの60%程度は、炭水化物から摂ることを勧めているのが、現代の日本の栄養学です。したがって、ピザもパスタも適量食べる分には全く問題ありません。

ただし、ピザやパスタには炭水化物だけでなく、動物性・植物性の油脂類が多く含まれます。こちらはメニュー全体のカロリーの高低を左右するものなので、注意が必要。その種類や量を踏まえて賢く選ぶには、知識が必要です。早速次の項目以降で解説していきます。