流氷のまっただ中へ! 網走・流氷観光砕氷船

網走の地図

今回の行き先は【北海道】
流氷のまっただ中へ!網走・流氷観光砕氷船

広い大地に白銀の世界がどこまでも広がる冬の北海道。その北海道の東側に面するオホーツク海沿岸は、国内で唯一流氷が見られる所です。

遠くシベリア大陸の沖合から風に乗って流れてくる流氷が創り出す世界は、まさに地球規模のスケールの自然現象。冬限定の貴重な絶景でもあります。

今回は流氷を楽しめるオホーツク海沿岸の中から、網走(あばしり)での流氷観光をご紹介します。

流氷のまっただ中に行くことができる砕氷船での体験は忘れられない想い出を作るのにぴったりですよ。

 

南極観測船の技術で流氷の中へ行こう!

流氷帯に挑む流氷観光砕氷船「おーろら」(1)

網走の沖合にある流氷の中を突き進む流氷観光砕氷船「おーろら」(2004年2月8日撮影)

網走(Yahoo! 地図情報)は、オホーツク海沿岸の街の中で一番規模の大きな街。札幌から直通の特急列車も走っており、釧路と並ぶ道東地方の観光拠点の一つです。

その網走に、シベリアからの流氷がやってくるのは例年だと1月下旬の頃。季節風の吹き具合などにも左右されますが、2週間弱で海全体が流氷に覆われます。オホーツク海を見渡せる所であれば、陸上から流氷のある風景を見ることが十分に可能です。

でも、流氷観光は陸上だけではありません。海上で流氷を楽しむとっておきの方法があるのです!

 

流氷観光砕氷船「おーろら」

流氷観光砕氷船「おーろら」

その方法とは、網走流氷観光砕氷船「おーろら」。この船に乗ると、網走港沖のオホーツク海の流氷を至近距離で見ることができます。

流氷が海を覆ってしまうと普通の船は航行できなくなりますが、「おーろら」は砕氷船という名前のとおり、流氷の中に入って行き、自分の船の重さで進路にある氷を割りながら進みます。

実はこの仕組み、南極探検に使われる南極観測船「しらせ」が凍った海を進むのと同じ方法。流氷観光にプラスして貴重な体験を国内で味わうことができるんですね。

 

氷に覆われた真っ白な世界への誘い

流氷帯に挑む流氷観光砕氷船「おーろら」(2)

網走の沖合にある流氷帯に突入した流氷観光砕氷船「おーろら」(2004年2月8日撮影)

それでは流氷観光砕氷船「おーろら」に乗って、流氷観光に出かけましょう。

 

網走港を出港する流氷観光砕氷船「おーろら」

満員の観光客を乗せて、流氷へ向かう「おーろら」(2004年2月8日撮影)

流氷観光砕氷船の乗り場は、網走川の河口近くにある道の駅 流氷街道網走。乗船窓口で受付(乗船券への住所・氏名の記入など)を済ませてから乗り込みます。

流氷観光砕氷船は、「おーろら」と「おーろら2」の2隻による運航。1階と2階の暖かい客室の船内から外を見るも良し、サイドデッキや3階の展望デッキに出て海の上の雰囲気も体感するのも良いでしょう。

ただしデッキに出る場合は、厳寒の北海道の海上で吹きさらしの風に見舞われますので、顔や耳も含めて防寒対策は厳重に。

 

いよいよ流氷の中へ!

いよいよ流氷の中に入ります!(2004年2月8日撮影)

「おーろら」は流氷帯まで航行した後、砕氷船の本領を発揮して船体を流氷に乗り上げながら、流氷帯の中へ切り込んでいきます。

氷に乗り上げて割る際に上下の動きはありますが、ゆっくりとしたもの。割れたばかりの氷が船の横を抜けていくさまは迫力ですよ。

 


そして、流氷観光砕氷船のハイライトへ。流氷帯の中から眺める素晴らしい絶景が待っています。次ページでご紹介します。