前回に続いて、阪急宝塚線「池田」駅界隈の紹介です。

ご紹介したように、猪名川や五月山といった自然に近い環境にある池田市。単に自然だけが魅力ではありません。

空が広く、散歩の楽しい街並

「池田」駅界隈の街並の特徴は、高層建築物がなく空が広く感じる事。駅周辺の土地利用効率は、他の北摂エリアの駅周辺よりも低く、低層の建物が目立ちます。しかし、そのゆとりが町の魅力であり、街並に馴染む観光スポットも多くあります。

池田旧家

石垣に白壁のある風景。駅にほど近いエリアにもこのような路地が多数ある。

石畳の街並、池田市

石畳が整備されたエリア。電柱と道路標識がなければ、まるでセットのよう。

石畳の街並、池田市

懐かしい風景だがしつらえは新しい。散歩が楽しそうな街並み。

呉服座、池田市

北摂では珍しい芝居小屋。こちらは「くれは」とよまず「呉服(ごふく)座」。


こんな写真ばかり見ていると「昭和の街並みで街おこし」をしている地方都市のようですね。次の頁では、周辺の商業施設を紹介しましょう。