世界にひとつだけ! ポテチ万華鏡
難易度★★★

世界にひとつだけ! ポテチ万華鏡

世界にひとつだけ! ポテチ万華鏡

「わー!きれい!なんでだろう?」と、子供たちの頭の中にたくさんの「!」や「?」をまき散らす万華鏡は夢のあるおもちゃ。ミラー加工のされた塩ビのシートがあれば、“世界にひとつだけ”のオリジナル万華鏡を作ることができます。

ポイント

  • 色セロファンを細かく切ったり、いろんな色のビーズを入れたり…は子供たちに任せましょう。「何をどれだけいれるかで、万華鏡の中の世界ががらりと変わるんだよ」と教えれば、ワクワク感は倍増します。
  • 塩ビシートのカットは危険なので、大人がやりましょう。

材料

・厚さ0.5~1mm程度のミラー加工された塩ビのシート(サンプルの場合、215mm×165mm) ・ポテトチップスなどの筒(サンプルの場合、内側の高さ220mm・直径65mm) ・サランラップ(サンプルの場合、100mm×100mmくらい) ・トレーシングペーパー(サンプルの場合、100mm×100mmくらい) ・紙(サンプルの場合、幅20mm×長さ180mmくらい) ・セロファンまたは透明おりがみ(適量) ・ビーズ(適量)

ポテチ万華鏡材料

  • 厚さ0.5~1mm程度のミラー加工された塩ビのシート(サンプルの場合、215mm×165mm)
  • ポテトチップスなどの筒(サンプルの場合、内側の高さ220mm・直径65mm)
  • サランラップ(サンプルの場合、100mm×100mmくらい)
  • トレーシングペーパー(サンプルの場合、100mm×100mmくらい)
  • 紙(サンプルの場合、幅20mm×長さ180mmくらい)
  • セロファンまたは透明おりがみ(適量)
  • ビーズ(適量)

 

作り方

1.塩ビのミラーシートをカットします。1辺は筒の内側の高さよりも5mm短く、1辺は筒の半径の5.1倍に。(サンプルは215mm×165mm)

1.

1.塩ビのミラーシートをカットします。1辺は筒の内側の高さよりも5mm短く、1辺は筒の半径の5.1倍に。(サンプルは215mm×165mm)

2.そのミラーシートを縦に三等分になるようにカッターで切り込みを入れ、手でゆっくり折り曲げてセロテープで固定し、正三角柱を作ります。

3.筒のフタには三角形の採光窓を開けます。塩ビシートの三角形に合わせたサイズにします。

4.筒の底にのぞき穴を開けます。上記で作った正三角形の内側におさまるくらいのサイズが適当です。

5.ミラーシートの三角柱の一端にラップでフタをします。ラップはピンと張るようにセロテープで固定します。

5.

5.ミラーシートの三角柱の一端にラップでフタをします。ラップはピンと張るようにセロテープで固定します。

6.さらに、そのフチに両面テープを貼り、幅20mmくらいの紙をラップの上に5mmくらい出っ張るように1周巻いて固定します。


 

7.そこへ、小さく刻んだ色セロファンや透明おりがみ、ビーズなどを適量入れます。ビーズは透明なものを選ぶときれいに見えます。

8.最後に上からトレーシングペーパーを被せて、ビーズがこぼれないようにしっかり固定します。

8.

8.最後に上からトレーシングペーパーを被せて、ビーズがこぼれないようにしっかり固定します。


 
9.ミラーシートの三角柱を筒の中に入れ、フタをすれば完成です。

9.

9.ミラーシートの三角柱を筒の中に入れ、フタをすれば完成です。


 

遊び方

採光窓を明るい方に向け、のぞき窓からのぞくと幾何学的な模様が見えます。

採光窓を明るい方に向け、のぞき窓からのぞくと幾何学的な模様が見えます。

 採光窓を明るい方に向け、のぞき窓からのぞくと幾何学的な模様が見えます。筒を回せば模様が変化して、いつまで見ていても飽きません。筒の角度を変えると、さらに模様が変化します。

 


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。