オリジナル力士で勝負!怪獣トントン相撲
難易度★

怪獣トントン相撲

怪獣トントン相撲

手軽に作れる定番おもちゃ「トントン相撲」。相撲にあまり興味がない子でも、力士の代わりに怪獣力士を作ってあげれば、目の色を変えて楽しみます。オリジナルの最強怪獣を作るにはどうしたらいいか、一緒に考えてあげましょう。

ポイント

  • 色を塗ったり、シールを貼ったり、子供の発想でユニークな力士が作れます。
  • どんな形の怪獣力士を作れば強くなるか考えながら、何体も力士を作りましょう。
  • ただ遊ぶだけでなく、家族それぞれの力士を作ったり、対戦表を作れば、ゲームとして長く楽しめます。

材料

怪獣トントン相撲材料

怪獣トントン相撲 材料

  • 20cm四方くらいの箱(土俵用。フタだけでもOK)
  • 20cm四方くらいの紙(土俵の線用。ビニールテープや修正テープでもOK)
  • 厚紙(力士用)

 

作り方

1.紙で土俵の線を作り、箱のフタに貼り付けて、土俵のできあがり。丸だけでなく、プロレスのリングのように四角くしたり、総合格闘技のように六角形にしたりしても面白い。

1.

1.紙で土俵の線を作り、箱のフタに貼り付けて、土俵のできあがり。丸だけでなく、プロレスのリングのように四角くしたり、総合格闘技のように六角形にしたりしても面白い。


 
2.厚紙を半分に折って片面に怪獣力士の下絵を描きます。

2.  

2.厚紙を半分に折って片面に怪獣力士の下絵を描きます。


 
3.線に沿って、はさみで切り取ります。

3.

3.線に沿って、はさみで切り取ります。


 
4.切り取ってからもう片面の絵も描いて力士のできあがり。 色鉛筆やクレヨン、マーカーで着色してもいいし、シールを貼り付けてもOK。角やしっぽなどをつけるなど、自由に怪獣をデザインしましょう。

4.

4.切り取ってからもう片面の絵も描いて力士のできあがり。
色鉛筆やクレヨン、マーカーで着色してもいいし、シールを貼り付けてもOK。角やしっぽなどをつけるなど、自由に怪獣をデザインしましょう。


 

遊び方

「はっけよ~い、のこった!」で箱のフタをトントン叩いて力士を動かします。シンプルなおもちゃですが、押し出しや投げ倒し、引き落としなど決まり手はバリエーション豊富です。

「はっけよ~い、のこった!」

「はっけよ~い、のこった!」で箱のフタをトントン叩いて力士を動かします。シンプルなおもちゃですが、押し出しや投げ倒し、引き落としなど決まり手はバリエーション豊富です。


 
>> ピカソもびっくり!「紙ねんど福笑い」はこちら