皆生温泉とは 

皆生温泉

皆生温泉は日本海に面した温泉地

皆生(かいけ)温泉とは、鳥取県米子市東部にある温泉地。名前は全国的に有名ですが、場所や温泉地の姿は、関西や中国地方以外の方にはあまり知られていない気がします。上の写真の通り日本海に面しており、遠くには中国地方の最高峰、伯耆大山(ほうきだいせん)を望む、風光明媚な温泉地なのです。

地方都市の海沿い温泉といえば、狭い場所にビルが林立する、せわしない温泉地をイメージしますが、皆生温泉は違います。ビル旅館は多いのですが、広大なスペースに点在しているので、非常にゆったりとしている、独特な雰囲気を感じます。ビルが多い近代的な温泉地でありながら、源泉掛け流しの宿が多い事も、温泉好きとして特筆できる温泉地です。


皆生温泉の源泉、泉質 

皆生温泉東光園

皆生温泉東光園の露天風呂は自家源泉

玉造温泉には源泉が多数あり、自家源泉を所有する宿もあります。主な泉質は塩化土類塩泉ですが、自家源泉にはアルカリ性単純温泉などもあります。

塩化土類塩泉は通常あまりすべすべしませんが、皆生温泉ではすべすべとした感じの湯が多く、名湯だと思えます。

一般的に大温泉地では温泉を循環する宿が多いものですが、皆生温泉では源泉を掛け流しで利用している宿も多く、湯の良さを確かに感じ取る事ができるのです。

次ページで、皆生温泉の旅館・入浴施設をご紹介します。