ランの種類

洋ラン

華やかな洋ラン

ランにはたいへん多くの種類がありますが、便宜上一般的に「洋ラン(西洋から入ってきた熱帯・亜熱帯地方原産のラン)」と、「東洋ラン(日本や中国が原産のラン)」とに大別されます・

 
シュンラン

らん展に展示されたシュンラン

洋ランは華やかな色合いの花を鑑賞するものが多く、鉢花として主にオンシジウム、カトレア、シンビジウム、デンドロビウム、デンファレ、パフィオベディラムなどが流通しています。東洋ランにはシュンラン、フウラン、カンラン、セッコクなどがあり、日本にも約300種ほどの自生ランがあります。
また、その生息地から、地生ラン(地面に根を張るタイプ)と着生ラン(木の幹や枝、岩などに貼りつくタイプ)とに分類することができます。

ガーデニングにおけるラン

エビネ

庭植えのエビネ

洋ランなど大多数のランは鉢植えで栽培されますが、庭植えで楽しむことができるランもあります。さきに挙げたシュンラン、フウラン、カンラン、セッコクのほか、ウチョウラン、エビネ、クマガイソウ、シラン、タイリントキソウも庭植えできるランです。

ランというと栽培が難しいイメージがありますが、庭植えできるランは比較的栽培も容易です。ランを楽しむ発端に、庭の植栽の一つとして取り入れてみてはいかがでしょう。

ランの育て方・楽しみ方

パフィオペディラム

魅力は独特の花姿だけに留まらない

庭植え以外のランは、開花株を買い求めて(あるいはプレゼントされて)観賞するというパターンが多いことでしょう。シンビジウムは最低温度が5度程度でも大丈夫ですが、ファレノプシスは15度以上必要です。それ以外は最低7度以上に保つよう管理します。開花観賞期は室内に置きますが、花後の4月下旬頃(寒地では気温が充分上がってから)~9月下旬頃までは戸外に置きます。春から秋の間は、10日に1度くらいの割合で液肥を施します。植替えは、春が適期です。

なお、パフィオペディラムは半日陰で湿った状態を好み、施肥時期も秋~春と他の種とは異なるので注意が必要です。昨今では、インターネットでも種別ごとの詳しい栽培方法を知ることができるようなりました。大いに活用して、長く付き合いたいですね。

ラン玉長引く術後の痛みの原因と治療法 手術の創はきれいに治ったにも関わらず、痛みが続く場合もあります。例えば、胸部外科の手術などでは、肋骨と肋骨の間を広げて手術をする必要があるため、肋骨と肋骨の間や肋骨周囲の神経が損傷を受けやすいため、個人ヲます。
このような展示会は、より鮮やかな花色を、より多くの花を……と、丹誠込められた株を観賞できるだけでなく、栽培教室を受講できたり、様々な情報を得ることができるのでおすすめです。

 





【新サービス事前登録のご案内】
あなたの「経験談」を、誰かの役に立ててみませんか?

オールアバウトは今後、「経験談」を売り買いするプラットフォーム「エクシェア」を開設予定です。

「過去に不倫していたが、関係を断ち切った」「仮面夫婦状態だった配偶者と関係を修復した」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」などの、夫婦関係にまつわるご経験をお持ちの方を募集しています。

あなたの経験が、きっと誰かのチカラになります。副業としても、ぜひお気軽にご参加ください!(別途取材に応じていただけたた方には謝礼をお支払いいたします)

登録はこちらから

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。