酵母(ロドトルラ)とは?


……俗に「ピンクヌメリ」などと呼ばれるピンク~オレンジ色のヌルヌル。これをお風呂場で一度も見たことがない人などいるのでしょうか?! (いるかも…でもいたらスゴイ)

このヌルヌル汚れの正体、実は酵母。「ロドトルラ」というのが、本名なのです。
(出典:『浴室汚れで気になる“ピンクヌメリ”はカビではなく主に、すぐに発生しやすい酵母だった!』ライオン株式会社 ハウスホールド第2研究所 2005年4月11日発表資料より)

ロドトルラの特徴は、カビに比べて繁殖スピードが異常に速いこと! お風呂場でよく見られるクロカビ(クラドスポリウム)に比べて約10倍近い速さで殖えるそう。
ただ、生えるのは早いのですが落とすのも簡単です。基本的に、スポンジ等でこすり、水で流せば落ちます。

が! 水がありさえすれば発生できる(栄養はいらない)という性質が。
「ロドトルラ」を発生させない秘訣は、「水分をしっかり拭き取る」ことに尽きると言えるでしょう!



クロカビ(クラドスポリウム)とは?


……一般的に「クロカビ」と呼び習わされているクラドスポリウム(Cladosporium)ですが、実際には濃い緑色をしています。

屋外ではどこにでも浮遊しており、屋内でももっともよく見られるカビの一種で、主に浴室のタイル目地や、壁を黒く汚し嫌われます。

屋内の空気中から多く胞子が見つかる理由の一つに、エアコン内部やフィルターに発生しやすいという点が挙げられるでしょう。

その他、屋内では湿った環境を好み、冷蔵庫の扉パッキン部分や野菜室、結露で濡れた状態を放置したアルミサッシ、不用意に置いておいたパンや餅、みかんなどの果実に生えるカビもこのクラドスポリウムであるケースが多いです。

菌糸まで濃い色であるため、浴室のタイル目地や、樹脂部分(コーキング剤)などに生えると大変目立ち、また、一度このような部分に潜り込まれてしまうと容易には落とせないため、厄介です。

アレルギーの原因とも目されており、喘息を引き起こしやすいといわれています。