文章 : 佐藤 明男(All About「男のヘアケア」前ガイド)
 

男を上げてヘアケアも!
一石二鳥な鍋レシピ

鍋料理イメージ

冬といえば、やっぱりこれですね

秋~冬の食卓に欠かせないお鍋は、身体が暖まるだけでなく、肉、魚、不足しがちな野菜までたっぷりバランスよくいただける優れた料理です。栄養バランスが優れているということは、抜け毛・薄毛予防に効くだけでなく、育毛・発毛も促進してくれる可能性が高く、「男のヘアケア」向きでもありますね。

ただ、ひとくちに鍋料理といっても多種多様。寄せ鍋、水炊き、湯豆腐、もつ鍋、ちゃんこにかき鍋……ご存じの通り、実にさまざまな種類があります。
そこで私がご紹介したいのが、抜け毛・薄毛予防、育毛・発毛促進に特化した当サイトのスペシャル鍋! 材料をそろえれば、後は切って煮るだけですから、どんなに料理が下手な男性でも大丈夫。ご家族や彼女につくってあげて感謝されつつ、ヘアケアもできる一石二鳥の鍋レシピ、ご紹介します。


「若々しい髪をキープ!いわしのつみれ鍋」

発毛、育毛のカギを握るタンパク質の代謝に不可欠なビタミンB6を多く含むいわしを効率的にとることができます。つみれは手づくりで。決して難しくはありません。材料を混ぜてしまえば、あとはだんご状に丸める必要はなく、スプーンですくって煮るだけでOKです。
 


つみれ鍋材料

つみれ鍋の材料はこんなかんじです

【材料】(2~3人分)

(いわしのつみれ)
いわし(スーパー、魚屋に頼んで3枚におろしたもの)……6尾
ゆず……1/2個分

(A)つみれ用調味料

ねぎ(みじん切り)…… 10センチ分
片栗粉……大さじ1
卵……1/2個
生姜(すりおろし)……1片
醤油……大さじ1/2

(B)スープ
だし汁(顆粒だしの素を使用)……4カップ
醤油……大さじ2
みりん……大さじ1
酒……大さじ1

(その他)
ごぼう……1/2本
かぼちゃ……1/8個
豆腐……1/2丁
春菊……1束
白菜……1/8個
えのき……1/2袋
しらたき……1袋
※野菜類は冷蔵庫の残りものでもOK!ごぼうはささがきにして、その他の野菜は食べやすい大きさに切っておく


【作り方】

1:いわしを包丁で細かくたたく。

2:ゆずは皮をすりおろしてから果汁を絞り、いわし・(A)と一緒に混ぜる
 
 



完成したつみれ鍋

つみれ鍋、完成!ポン酢などでお召し上がりください。

3:土鍋にだし汁と(B)を投入し、強火にかける。

4:
沸騰したら火を中火に落とし、つみれをスプーンでひと口大にすくって投入。その他の野菜類が好みの固さになるように入れていく。数分煮ればできあがり。



【ポイント】

つみれは卵を加えているのでふっくらと仕上がります。固めが好きな人は片栗粉をやや多めに入れましょう。しらたきは鍋に入れる前に軽く湯通ししておくと、臭みが消えます。こんなひと手間でお鍋がぐっと美味しくなりますよ。

また、ささがきごぼうは直接お鍋へ入れてください(面倒ならささがきにされた状態のごぼ?がパック詰めになって売っていますのでそれでももちろんOK)。ごぼうを調理する際は、アクヌキのためにいったん水にさらすのが一般的ですが、これはNG!とごぼうには保湿作用、脱毛やフケ予防、血行促進作用があるサポニンが含まれており、このサポニンは水にさらすと水に溶け出してしまう性質があるからです。

つみれ鍋シメ

つみれ鍋のシメにはお蕎麦がオススメ!

そして、シメにはお蕎麦をご提案します。鍋のシメといえばぞうすいやうどんなどが定番ですが、蕎麦は髪の毛と頭皮の健康を促進するミネラルが豊富に含まれているので、薄毛男性にはおすすめのシメ素材になるからです。

乾麺を袋の表示よりもやや短い時間で固めに茹でた後、鍋に投入して軽く煮てからお召し上がりください。
食べる直前には、七味唐辛子、あるいは柚子こしょうをお好みでどうぞ。


次ページでは、豆乳ベースのヘルシー鍋をご紹介します!