最強の立ち食いうどん店

soto

おにやんま外観

立ち食いうどん店のイメージとクオリティを覆す驚きのお店ができた。

場所は五反田駅の高架下脇。

自家製麺、立ち食い、揚げたて天ぷら、低価格、長時間営業と驚くべきキーワードを持つ。

2010年6月にオープンしたこのお店、あっというまにうどん好きの人達に噂が広まった。御徒町の人気うどん店『かがり火』の姉妹店であるが、かがり火が一般店であるのに対してこちらは10席程度の立ち食いという営業形態だ。
はじめはドアのないオープン店舗の雰囲気で驚かせ、また製麺機の置いてある二階に上がる方法が梯子で登るという店が狭いという事情で有るのだが何となく意表を突いていてうどんの味以外でも話題をさらった。店内にエアコンが付いたり、ドアができたりというリアルな情報がいろいろと駆け回っていた。

本格的讃岐うどん

うどんは自家製麺で作られる。讃岐から取り寄せる小麦粉を使って毎日仕込まれている。滑らかでしなやかな良いうどんだ。修業先の宮武うどんとは傾向が異なるが喉越しのよい美しい出来映えである。

kasiwaten

かけうどん(温) 280円

うどんは茹でられてから一定時間が過ぎると廃棄されてしまう。目撃したときには大変驚いた。まだまだ十分に美味しく食べられそうなうどんが惜しげもなく捨てられた。それほどまでのクオリティ重視。

天ぷらの種類も豊富でかつ安い。日替わりや週替わりのおすすめ天ぷらも登場する。券売機をよく見ると色々情報が更新されている。

だしは少し濃い目の本格的なつゆで讃岐で日常的に食べられているものに近い。すっきりして飲み干せるタイプだ。

kasiwabukkake

かしわ天ぶっかけ(冷)

おにやんま
住所:東京都品川区西五反田1-6-3
TEL:非公開
営業時間:7:00~23:30
定休日 当面無休
地図:Yahoo!地図情報

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。