人の顔が覚えられない病気

相貌失認

顔のパーツは認識できても、顔全体の認識がうまくできない「相貌失認」。重症になると、自分の顔が、自分であることも認識できなくなります

私たちが他人を見るとき、最初に目が向くのはどこでしょう? あからさまにジロジロと視線を向ける事はないでしょうが、おそらく顔だと思います。「いや、俺はまず〇〇を見るよ」と言う人だって、いきなり声をかけられたら、お顔が拝見できないほどグラマーでもない限り、やはり顔を見るのではないでしょうか。

ただ、顔を見ても、相手が誰だがわからないことはありませんか? 相手の勘違いという場合もありますが、自分が忘れてしまった場合は非常に気まずいものです。

人の顔の記憶力の程度は人それぞれ。一度見た顔は決して忘れない人もいれば、顔を覚えるのは非常に苦手という人もいます。記憶力も個性と言えば個性ですが、社会生活上は、人の顔の認識力はよいに越したことはありません。もしも、相手が以前一回しか会ったことがないのに、自分のことをよく覚えていたら、なかなか感激しませんか? 反対に、何回も同じ場にいた相手が自分の顔を覚えていなかったら……? 人によっては侮辱されたような気さえするかもしれませんし、気分を害してしまうこともあるでしょう。

実は、顔の認識能力が一般的水準と著しく異なる、「相貌失認」と呼ばれる病気の場合があるのです。個人の悪気や気持ちではなく、そのような病気があることはぜひ知っておきたいものです。以下で、相貌失認の症状と原因についてわかりやすく解説します。

相貌失認の原因

相貌失認では、目、鼻、口など、顔の構成パーツは認識できるものの、それらが合わさって構成される「顔」の全体像が認識できません。いささか不思議な印象を持たれるのではないでしょうか。実は、人の顔を認識するためには、一つ一つのパーツを認識するより、はるかに複雑な情報処理が脳内で行われています。

実際、「顔を読む」という言い方があるように、私たちは相手の顔を見れば、機嫌が良いのか、それとも、怒っているのか相手の感情がわかります。また、大抵の場合、相手の大体の年齢も分かりますし、注意深く様子を伺えば、相手が次に言うことまで見当がついたりします。ただ、顔の認識が意外に難しくなる場合もあります。人の顔を決して忘れないという人であっても、もしも、出された写真が上下さかさまであったならば、たとえ写真の中の人物が自分のよく知っている人物であっても、一瞬戸惑ったりするでしょう。

仮の想像ですが、脳内の視覚情報処理に問題が生じているため、顔のイメージが途中で、上下さかさまになってしまえば、相貌失認が起こるはずで、こうした想像でも、相貌失認が起こり得る病気である事が実感できるのではないでしょうか? 相貌失認の原因ははっきりわかっていませんが、左の下側頭葉皮質という部分と、左側頭葉内の視覚連合野という部分のつながりが悪くなっているとも考えられています。

相貌失認の症状

相貌失認の症状自体は、脳内の視覚情報処理に関する、どの箇所に問題が生じているかにより、内容が違ってきます。一般的な症状は以下の通りです。
  • テレビや映画を鑑賞中、登場人物のスジがつながらない
  • ついさっき会ったばかりの相手でも、場所が変わると、先ほどの人だとわからなくなってしまう
  • 相手を顔ではなく、主に、声や歩き方、鼻の大きさなど特徴ある顔のパーツ、服装などで判別してしまう
相貌失認の程度は日常生活に問題がないものから、非常に深刻な場合まで幅広いです。

相貌失認の歴史と患者数

相貌失認(prosopagnosia)という語自体は、1947年にドイツの神経学者Bodamerが、頭部外傷後、家族や友人の顔を認識できなくなった若い男性を報告したのが最初です。ギリシア語で顔を意味するprosoponと一般的な医学用語である失認 (agnosia)という語を合成してつけられた病名です。

それから数十年間、相貌失認は、極めて珍しい疾患と考えられていました。Bodamerが報告したように、頭部外傷やアルツハイマー病など、脳内の器質的病変によって生じる二次的な病気だと考えられていたのです。しかし、80~90年代には、先天的な相貌失認もあることが知られるようになりました。

頭部外傷後など、二次的に相貌失認を発症した場合は、以前との違いに自分や周りの人がすぐ気付きます。しかし生まれつきの場合は、顔の認識能力が一般と異なっていることに自分でも気づきにくいものです。このため、先天的相貌失認の存在が目立たなくなっているだけで、最近では先天的相貌失認は決して珍しい疾患ではないとも言われています。人口の2%近い人が実は相貌失認と言われることもあります。

相貌失認の治療法・対処法

残念ながら、相貌失認には、現在のところ根本的な治療法がありません。自分自身が相貌失認の場合は、相手の声や服装の傾向、顔の特定のパーツに意識を向けるなど、相手を顔以外の部分で上手に識別できるよう、工夫するしかありません。

そして、相貌失認という病気が存在することが認知されるのは、とても大事なことだと思います。「あの人とは何度も会っているのに、また知らんぷりされた」などという誤解でお互い嫌な思いをするのは望ましくないでしょう。また、もしも相貌失認であるならば、自分の状態と病名について周囲に明言しておけば、無用なトラブルを避けられるのではないでしょうか。
免責事項